二十四節気・七十二候

第64候『乃東生』

二十四節気、新たな節気が巡ってきました。

第22節気:冬至 です。

 

冬至とは、1年で最も昼が短く、夜が長い日です。

言い換えると、「太陽の力が最も弱い日」でもあります。

 

太陽って、昔の人からすると、自然の恵そのものです。

信仰の対象になるくらいですからね。

 

そんな太陽の力が弱いので、

「災厄に見舞われやすい」

と、考えられていました。

 

そのため、

疫病を防ぐとされる「小豆粥(あずきかゆ)」や、

強い香りが邪気を祓うとされる「柚子湯(ゆずゆ)」に入って、

無病息災を祈りました。

 

「そういえば冬になると柚子湯に入るな〜」

という方も多いのではないでしょうか。

 

 

そして、新たな七十二候となります。

第六十四候:乃東生(なつかれくさ しょうず)です。

(12/2212/26ごろ

 

「夏枯草が目を出す」

という意味です。

 

夏枯草とは、これです↓

夏枯草

冬に芽を出すことを、「冬萌え」と言います。

周りの草木が枯れている中、若い芽を吹き始まるのは、希望の星なわけです。

 

そんな希望の星の夏枯草は、実は漢方です。

 

本当は「靭草(ウツボグサ)」と言い、

これを漢方にしたものを、夏枯草と呼びます。

利尿薬になるようです。

 

 

希望の星といえば、クリスマスも、

太陽復活のお祝いが起源とされています。

 

ツリーである樅(もみ)の木は、常緑樹です。

「希望」や「命」の象徴とされ、

ヨーロッパでは魔除け(まよけ)として飾れてきました。

 

1年で一番夜が長い日。

いかがお過ごしでしょうか。