未分類

ポルカでたくさんお金を集めたい人へ。22人に支援して分かったこと

polcaって知ってますか?

クラウドファンディングという、インターネット上で呼びかけをして資金を集める方法があるのですが、それが簡単にできるアプリです。

ポルカおじさん始めました
ポルカおじさん始めました!ポルカで7人に計8000円支援してみたpolcaってアプリ知ってますか? クラウドファンディングという、インターネット上で呼びかけをして資金を集める方法があるのですが、...

 

僕はこれにハマっていまして、12日で22人に支援しました。

ちなみに自分で企画は一回もしていません(笑)

さすがに22人も支援すると、ちょっとした傾向のようなものが分かってきたので、共有したいと思います。

こんな人にオススメ

・polcaで支援してみたい

・polcaに興味がある

・polcaで企画を立てたい

支援されにくい人の特徴

polcaで22人に支援しましたが、闇雲に支援したわけではありません。

僕も頑張っている人や共感できる人に支援したいので、その人がどんな人か、簡単に5分か10分くらいは調べます。

そこでまず、「この人は支援されにくいだろうな」と感じた人たちの特徴を挙げます。

 

  1. 支援されるためだけにtwitterのアカウントを作る
  2. 終わっていない企画があるのに何個も並行して企画を立てている
  3. リターンが実質無い
  4. 企画内容の文章が短い
  5. 勢いだけで実績が書かれていない

 

それぞれ詳しく説明します。

1. 支援されるためだけにtwitterのアカウントを作る

こういう人はかなり多いです。

プロフィールのアイコンが適当に風景とかの画像で、ツイート数は1ケタ。

完全にpolcaのためだけに作ったアカウントだなと分かります。

 

人には事情がありますから、どうしてもしょうがない場合もあると思います。

でもそれなら、無料でブログを作って、自分の想いを書いた記事のリンクをpolcaに載せるくらいはしないと、難しいと思います。

2. 終わっていない企画があるのに何個も並行して企画を立てている

1との合わせ技で、こういう人も多いです。

数打ちゃ当たる戦法なのでしょうか。

お金が手に入れば何でもいいのかなと残念に思います。

3. リターンが実質無い

リターンが実質無い人が多いです。特に感情系ですね。

「感謝します」「私が喜びます」「笑顔になります」

逆にこれをリターンにできるのが凄い!(笑) 仲間内だけの馴れ合い企画なら別ですが。

4. 企画内容の文章が短い

これが一番もったいないなと思う人です。

twitterを普段から利用しているのに、企画内容の文章が短い人です。

文字数は400文字ギリギリまで書きましょう。

 

あなたが思っているほど、人はあなたに興味がないです。

ワザワザあなたのtwitterに飛んでも、日常のつまらないツイートしかなければ、人は離脱します。

せめて、固定ツイートで簡単な自分の紹介をしたり、モーメントやブログへの誘導くらいはしておきたいところです。

5. 勢いだけで実績や背景が書かれていない

志は立派なんだけど……という人です。

  • 「プログラミングを学びたいのでパソコンが欲しい」
  • 「イラストレーターになりたいのでiPadがほしい」
  • 「起業したいのでお金がほしい」

 

こういう人たちですね。

本当にそういう意思があるなら、今までに何かしらの行動をしてきたはずです。

「今までどんなことをしてきたのか?」が書かれていないと、嘘かも知れないと疑われてしまいます。

 

例えばプログラミングなら、どんな言語を勉強したくて、どんな本を買って、どこまで読んで、今はどんな環境で実践していて、どんなプログラムを実際に組んで、現状ではどういうところに限界があるのか?

 

こういうところまで書かないと、赤の他人の支援したいという感情は引き出せません。

もしまだそういうことをしていないのなら、まずはそこからやるのが先なんじゃないかなと思います。

 

僕も何の実績も無い人間なので、まさに今、「1ヶ月でブログ100記事を書く」という実績作りの真っ最中です。

18%の人になろう

18%

これって、何の数字だと思いますか?

これは、僕がpolcaで支援して、twitterのDMでお礼の言葉が返ってくる確率です。

 

22人中、4人です。

しかもこの22人は、前述した「支援されにくい人」の5つの特徴を全てクリアした人たちです。

なかなか低い確率ですよね(笑)

 

polcaのアプリ内でお礼をしてくれた人は、もう少しだけ多いです。

それでも、半分に遠く届きませんが…。

まあ支援したのは自己満足なのでいいのですが、やっぱりもう一回支援したいとは思えないですよね。

 

母数が22しかありませんが、たぶん現実でもお礼をきちんとする人って、同じくらいの確率なんだろうなと思います。

僕はこの18%の人と付き合いたいし、自分も改めて18%の人になろうと思ったので、それだけでもpolcaで支援して良かったなと思います。

 

また文章を書く身として、少額とは言え、お金が絡んだときの「選択する側の視点」が体験できたのも大きな収穫でした。

もしあなたがこれからpolcaを始めたいと思っているなら、参考にしてみてください。

まとめ

  • 支援されにくい人には共通した特徴がある
  • きちんとお礼ができる人はわりと少数
  • 支援する人の気持ちを考える
ポルカおじさん始めました
ポルカおじさん始めました!ポルカで7人に計8000円支援してみたpolcaってアプリ知ってますか? クラウドファンディングという、インターネット上で呼びかけをして資金を集める方法があるのですが、...
〜お悩み相談受付中〜
  • 自分を変えたくて何か行動したい
  • 一人で生きる力をつけるためにビジネスを学びたい
  • 恋愛や対人コミュニケーションに悩んでいる

 

かがり
かがり
もしこんな悩みがあるなら、同じ悩みがあって悩んでいた僕がお話お聞きします

誰よりも失敗と挫折をしているので、お力になれるかもしれません。

とはいえ暇ではないので、「今を変えたい」という強い気持ちがある方だけでお願いします↓↓

友だち追加

TwitterのDMでも構いません。

アンケートに答えて頂けると、返信がスムーズです。