ビジネス

思考停止に注意!1ヶ月以上何かを継続できた後に待ち構える1つの罠

何か頑張っていることがあって、1ヶ月以上継続できているものってありますか?

もし1ヶ月以上、毎日欠かさず行動することができているのなら、それはもの凄いことです!

1ヶ月、1日もサボらないで継続できる人が、いったいどれだけ少ないことか…。それだけ継続は難しいことで、自分との戦いとなります。

 

1ヶ月継続できたのなら、少し自分に自信もつきますよね。

これからも継続に励んでほしいのですが、一つ注意点があります。

それは、「このままただ継続していくだけだと、停滞してしまう恐れがある」ということです。

こんな人におすすめ

・1ヶ月以上継続できているものがある

・自分を律するのは得意

継続が意味するもの

毎日何かしらの活動を頑張っていて、それが1ヶ月以上続いたのなら、もう習慣になったと言ってもいいでしょう。

 

このままさらに続けていけば、最終的には「習慣」がさらに進化して、「無意識でできる」ようになってきます。

もう、歯磨きや洗顔と同じレベルです。

 

それはあなたが頑張ってきた結果であり、本当に素晴らしいことなのですが、一つだけ心掛けておかなければいけないことがあります。

それは、「常に小さく変化すること」です。

 

何らかの作業を、習慣や無意識下まで落とし込めたということは、逆に言えば「自分の意思の入り込む余地が少なくなった」ということです。

もちろんこれは、「他のことに意思を向ける余裕ができるようになった」ということなので、基本的には良いことです。

 

ただ同時に、自分の意思が入らないがために思考停止してしまい、油断すると「あなたの成長が止まってしまう」恐れが出てきます。

「自分は今、ロボットのような機械的な作業をしていないか?」

たまに自分にこう問いかけて、振り返ってみる機会を作ってみてはいかがでしょうか。

 

世界は常に動いていて、技術は常に進歩し、それに合わせて人の価値観も変わっていきます。

「現状維持は停滞」なのです。

破壊こそが創造の母

ほとんど習慣のように作業ができるようになったら、自分の成長のために、何か変化を加えることを試してみましょう。

そうすることで、新たな発見や気づきが生まれ、さらなる躍進へと繋がります。

 

例えば、次のようなことです。

  • 一部を壊して違うものを加える
  • それ自体は現状のままにするが、別で新しいことを始める
  • 完全に0の状態で外注する
  • 方法を変える

それぞれ詳しく説明します。

一部を壊して違うものを加える

これは、あなたが必死に試行錯誤してたどり着いた「最適解」の一部を、「わざと取り除いて別の物を加えてみる」ということです。

一部だけしか変えないので、いきなり100点から0点にはなることは少ないでしょう。

60点くらいまで落ちてしまうかも知れませんが、それならやっぱり前のが最適解だったということで、元に戻せばいいだけです(笑)

 

例えば、あなたが何かデザインの作業をしているとします。

「色彩心理学的に、飲食店の壁の色は回転数を上げるために赤色が正解なんだ!」と思っていて赤色に塗っていた箇所を、あえて黄色にしてみる。

というようなことです。

 

そして、その作業の影響を受ける対象(自分や顧客など)のフィードバックを分析してみましょう。

もちろん、「やっぱり赤色で正解だった…」となる確率は高いです。

でも、もしかしたら特異点が見つかるかも知れません。

 

例えば、「常に緊張を強いられるような仕事をしている人だけは、赤色よりも黄色の壁の方が店にいる滞在時間が短かった」

というようなことです。(適当に作ってます。)

 

すると、病院や警察署の周りにある飲食店のみ、壁を黄色のデザインにすることで回転数が上がり、店の利益が上がります。

お店は喜び、他の店舗も同じようにしてくれと、あなたに依頼がくるようになります。

新たなブルーオーシャンの開拓です。

それ自体は現状のままにするが、別で新しいことを始める

これは、一番簡単でリスクが少ないやり方ですね。

例えば、今までアイスの販売だけをやっていたが、シュークリームも販売してみる。

朝にウォーキングをしていたが、筋トレもやってみる、などです。

 

思わぬ相乗効果があったり、以外にもシュークリームの方がアイスより売上が高くなってしまった、なんてことが起こるかも知れません。

完全に0の状態で外注する

これは、自分でやれる作業であるにも関わらず、あえてお金を払って他人に依頼してみる、という方法です。

他の人がやっている創意工夫、考え方や表現の違いなど、新たな気づきがあるかも知れません。

また、外注先は「初心者」、「中級者」、「ベテラン」と分けてみて、それぞれの違いを研究してみるのもいいですね。

方法を変える

これは、結果的に生み出すものは変わらなくとも、手段をあえて変えてみるということです。

例えば、勉強をシャーペンでやっていたけど、青色のボールペンでやってみる。

パソコンでブログを書いているけど、スマホで書いてみる。

 

結果的には変わらなくとも、新たなメリット・デメリットの発見につながるかもしれません。

まとめ

  • 常に小さな変化を試みることが停滞を防ぐ
  • 世界が常に変わっている以上、最適解も変わり続ける
  • 実験することで有益な情報を得られる可能性がある
〜お悩み相談受付中〜
  • 自分を変えたくて何か行動したい
  • 一人で生きる力をつけるためにビジネスを学びたい
  • 恋愛や対人コミュニケーションに悩んでいる

 

かがり
かがり
もしこんな悩みがあるなら、同じ悩みがあって悩んでいた僕がお話お聞きします

誰よりも失敗と挫折をしているので、お力になれるかもしれません。

とはいえ暇ではないので、「今を変えたい」という強い気持ちがある方だけでお願いします↓↓

友だち追加

TwitterのDMでも構いません。

アンケートに答えて頂けると、返信がスムーズです。