デート

気になる女性とデートしたい!初デートに誘っても良い状態とは?

女性とデートしたことはありますか?

気になる女性と初めてのデートをするためには、当然ながらこちらから誘う必要があるのですが…

重要なのは、誘い方というよりも「相手との親密度」になります。

 

女性とある程度の関係性が築けていないと、当然ながらデートは断られてしまいますし、その女性と今後は気まずくなってしまいます。

 

この記事では、そんなことを避けるために、

「相手をデートに誘っても良い状態とはどんな状態なのか?」

について説明します。

こんな人にオススメ

・デートに誘いたい女性がいる

・デートの誘いをいつも断られる

・女性と親密になりたい

初デートに誘うことの意味とは?

女性を初デートに誘うとはどういうことか?

理解していますか?

 

それは、決意表明をするということです。

なぜなら、デートに誘うということは、「あなたを異性として見ています」というメッセージを送ることだからです。

 

一度決意表明をしてしまうと、もう取り下げることはできません。

その女性との恋愛が上手くいくのか、それとも上手くいかないのか。

 

どちらの結果になるとしても、もう元のフラットな関係に戻ることはできないでしょう。

 

デートに誘うということは、その女性との「関係性の変化」を選択することだからです。

デートを断られた後も、普通に接してくれてるとしても、それは表面上だけです。

女性は心の中では必ず、一線を引いています。

初デートの誘いを断られた場合のリスク

もし、あなたのデートに誘いたいと思っている女性が、

  • 同じ教室や部活
  • アルバイト先や仕事先
  • 大学のサークルやゼミ

などの場合は、気をつけてください。

 

なぜなら、あなたとその女性は共通のコミュニティにいるということです。

デートを断られると、今後そのコミュニティには居づらくなります。

特に、あなたか、女性が普段の生活で、そのコミュニティで過ごす時間が長ければ長いほど、居づらさは比例して強くなります。

 

または、どちらか、または両方がコミュニティの中心人物のとき。

もしくは、中心人物との関係が深い場合なども、居づらさは強くなります。

 

多くの場合、あなたか女性のどちらか、もしくは両方が、コミュニティへの接触回数が少なくなるか、またはコミュニティからの脱退という結果になるでしょう。

 

そういうリスクを避けるため、初デートに誘う前には、

「その女性とある程度親密になっているか?」

を確認してから誘うようにしましょう。

初デート前にゆっくり関係を作る

ここまで脅かすようなことを言ってしまいましたが、女性との距離感がきちんと測れていれば、初デートはできます。

恋愛経験が少ない男性は、相手の気持ちを考えず、一気に自分の想いを噴出(ふんしゅつ)してしまいがちです。(昔の僕です 笑)

 

それは当人からすれば、勇気を出した振る舞いなんですよね。

でも女性からすれば、いきなり大きな感情を向けられて、困惑して怖いだけなのです…

 

ではどうすればいいのかと言うと、これです↓

女性の気持ちを考えるのならば、自分の好意を小出しにして、相手の反応を見つつ、徐々に距離を詰めていくのが正解。

 

好意の小出し。

これ、テストに出ます(笑)

小出しにすれば、やり直しも効きますし、相手を驚かせることも少ないです。

 

女性の方も、「もしかして私に気があるのかも…?」と感じるようになれば、あなたへの反応や態度が変わってきます。

その反応を見て、もう少し好意を出してみたり、引いて様子を見てみたりするのです。

「好意の小出し」の定義

「小出しって、どれくらいのことを言うの?」

と、思いますよね。

 

それは、「断定ができない程度の好意」のことです。

いざとなったら、冗談で済ますことができたり、ごまかすことができるような範囲、ということですね。

 

でも、小さすぎてもダメなんです。

好意が相手に気づかれないので、永遠に空振りで終わります(笑)

実はモテる男性って、非常にこの好意の小出しのコントロールが上手いのです。

女性との恋愛の戦い方

好意の小出しは、「恋愛ドラマ」で勉強してください。

アニメはダメです。

微妙な表情の変化、実際の距離感などが、ドラマの方が分かりやすいです。

 

あ、ここ好意の小出しをしているかも…?」

恋愛ドラマをそういう視点で見るようにして、学んで、盗んで、活用してください。

勉強になるはずです(笑)

 

具体的な例

具体的に説明しますね。

分かりやすいように好意を適当に数値にします。

例えば、あなたと、あなたがデートしたいと思っている女性がいるとします。

 

普段あなたは、その女性に対して好意レベル「3」で接しているとします。

そしたら、好意レベルを5にして、接してみるのです。

ここで女性の様子を見ます。

 

反応が良さそうなら、しばらくレベル5で接して、さらにレベルを上げながら様子を見ます。

反応が悪かったり、嫌そうな反応が見られたら、まだそのレベルは早かったということです。

すぐに元のレベルに戻して、関係性を深めることに注力してください。

 

普段の好意レベルが3で、レベル5にしたけど、あまり良い反応ではない場合。

この場合は、すぐにレベル3に戻して、しばらく時間が経ったあと、次はレベル4で接してみてください。

もしレベル4で大丈夫だったのなら、レベル3.5くらいがあなたと女性との距離だったということになります。

 

そしたら、しばらくはこのレベル3.5で接して、徐々に関係性を深めていく。

この繰り返しが、好意の小出しからデートに誘うまでの流れです。

 

なんとなく分かりますかね?

 

ちなみに、デートに誘う前に、レベルが上がらなくなってしまう場合があります。

この場合は残念ながら、その女性とデートできる段階に、現在のあなたはなっていないということです。

別の女性にアプローチするか、自分磨きをして、再度挑戦してみてください。

 

女性は男性と違い、恋愛で相手を好きになるスピードはゆっくりです。

まずは初デートの前に、複数人で遊びにいける程度の関係性を作りましょう。

デートに誘っても大丈夫な状態とは?

では、デートに誘っても大丈夫な状態とは、どのような状態でしょうか?

もう一度恋愛の流れの基本を確認しておきましょう。

  1. 出会い
  2. 雑談をするようになる
  3. 交流(仕事・遊びなどで互いの一面を知る)
  4. 恋愛対象としての意識
  5. デート
  6. 交際

 

この流れ↑が基本形です。

本当に女性と付き合いたいなら、慣れるまではこの順序で恋愛を進めてみてください。

慣れてきたら、崩しても大丈夫です。

 

初デートの誘いということは、上記で言うと④と⑤の間に位置します。

つまり、初デートの誘いをするのなら、「雑談」や「交流」の過程は済ませておかないといけません。

 

また、それとなく好意があることを匂わせていることも重要です。

ここをすっ飛ばして、いきなりデートの誘いや告白をして撃沈してしまう男性が本当に多いです。(昔の僕のことなんですけどね笑)

 

あくまで参考にですが、次のことを全て達成していれば、デートに誘ってもOKしてもらえる可能性は高いです。

  • 2人だけのときも自然と雑談をしている
  • 仕事・遊びなどを通して、お互いの少しプライベートなことを話している
  • お互いを含めた複数人で何回か遊んでいる
  • 女性に「もしかしたら私に好意があるのかも」と感じさせるような発言を何度かしている
  • 相手の女性に付き合っている相手がいない質問している

 

上記のことをまだ達成していなければ、まずはその達成を目指しましょう。

もし脈なしならば、上記のどこかの段階で女性から良い反応がもらえなくなります。

そのときは、自分磨きをして再度挑戦するか、別の相手を探すのが賢明です。

 

ちょっとでも、参考になれば嬉しいです。

まとめ

  • デートは誘い方よりも「相手との親密度」が重要
  • 好意の小出しで徐々に距離を詰める
  • 恋愛の流れを意識する
初デートって何だろう?
初デートって何だろう?→「異文化理解」できるか判断される日でした女性との初デート当日って、ドキドキしますよね。 嬉しくて楽しみでしょうがないと思いますが、同時に怖い日でもあります。 なぜな...
女性との会話で意識すべき3つのこと
女性との会話の基本スタンスとは?この3つだけは意識しておこう!女性と話をするとき、特に何も考えず話していませんか? 僕も最初は、女性と話すときに「何を話せばいいんだ...?」と悩んでいて、全然...
〜お悩み相談受付中〜
  • 自分を変えたくて何か行動したい
  • 一人で生きる力をつけるためにビジネスを学びたい
  • 恋愛や対人コミュニケーションに悩んでいる

 

かがり
かがり
もしこんな悩みがあるなら、同じ悩みがあって悩んでいた僕がお話お聞きします

誰よりも失敗と挫折をしているので、お力になれるかもしれません。

とはいえ暇ではないので、「今を変えたい」という強い気持ちがある方だけでお願いします↓↓

友だち追加

TwitterのDMでも構いません。

アンケートに答えて頂けると、返信がスムーズです。