出会い

出会いの前に女性に慣れよう!女性慣れするための修行メニュー!

綺麗な女性を前にすると、緊張してしまいますよね〜。

僕は手が震えてしまって、お箸で食べ物がつかめなくて不審に思われてましたね。(実話です…)

 

でも恋愛において、気持ちの上では女性より優位か、少なくとも対等でないと、女性と恋愛するのは難しいです。

それは、女性は自分より弱い男性と付き合わないからです。

 

女性に慣れるには、ひたすら女性と接するしかないのですが、なかなか難しいですよね。

そこでこの記事では、女性に慣れる練習のために、僕が実際にしたことを共有したいと思います。

 

ビビりの僕でもできた、心理的ハードルが低いものを紹介するので、この方法でまずは女性と普通に接することができるようになりましょう。

こんな人にオススメ

・女性と自然体で話せない

・目の前に女性がいるだけで緊張する

・女性を前にすると挙動不審になる

「女性に慣れている」とはどういう状態か?

練習方法を紹介する前に、まずはゴールについて考えましょう。

どういう状態なら、「女性に慣れている」と言えるのか?です。

 

こういうときは、逆の状態を考えると早いです。

まずは、「女性に慣れていない」というのはどういう状態かを考えます。

いくつかの状態が浮かぶと思いますが、それらの状態を脱したら「女性に慣れた」と言えるということです。

 

では試しに、女性に慣れていない状態にはどんなものがあるか、僕が思いつくものを挙げてみます。。

女性慣れしていない状態

  • 女性を前にすると緊張する
  • 女性の目を見て話せない
  • 綺麗な女性が近くにいるとソワソワして落ち着かない
  • ふと会話が途切れたときに、なんとか話を続けようと必死に話題を考える
  • テンションが上がって、変な行動をして空回りしてしまう
  • なにか質問されたとき、模範回答を探そうとして自分の意見が言えない
  • 変に思われるんじゃないかと恐れ、本当の自分の趣味や休日の過ごし方を言えない
  • 女性の前では無駄に見栄を張ってしまう

 

だいたいこんな感じでしょうか。

もしこれに当てはまっているのなら、あまり女性に慣れているとは言えません。

しかし、一つもこれらの状態にはならないのでしたら、女性に慣れていると言っても良さそうです。

女性慣れしている状態

女性慣れしている状態とは、上記に挙げた項目の逆ならばいいわけです。

だいたいどんな状態かイメージできるでしょうか?

 

等身大の自分で接することができるとか、一歩引いて冷静で居られるなど、色々ありますが、簡単な判別法があります。

それは、家族や親しい友達を相手にするような感覚で、女性と接することができるか?ということです。

 

家族や親しい友達の前では、目を見て話せますし、自分の意見も言えますよね。

この状態をゴールとして、女性に慣れるために練習していきましょう。

練習方法

それでは、僕が実際にやった練習方法を紹介します。

それぞれのハードルは高くないですが、その分一瞬で終わってしまいます。

何ヶ月もかけて、何十回もやるようにしてください。習慣にできれば強いです。

 

あくまで、女性に慣れるだけなので、女性と仲良くなることは目的としていません。

レベル1〜レベル3まで段階別に分けてみました。

心理的ハードル【レベル1】

スーパーマーケット

スーパーマーケットへ行き、店員に話しかけます。

一通り一周して、一番可愛い店員を見つけてください。

その店員に、商品の場所を尋ねます。

 

商品は何でもいいです。

「すみません。○○を探しているのですが、どこら辺にありますか?」

こんな感じで、近所のスーパーマーケットやホームセンターなどで尋ねてみてください。

 

レジの店員に話しかけるのは、迷惑になってしまうので避けてください。

商品の補充などをしている店員に話しかけましょう。

 

また小さいドラッグストアやコンビニですと、商品や店員の数が少ないです。

一応、「商品が見つからない」という口実で話しかけているので、そこそこ大きいお店の方が良いです。

 

大きいお店なら、商品を買わずに外に出やすいですよね。

小さいお店だと、「商品の場所を聞いたのに何で買わないんだろう?」と思われる可能性もあり、少し気まずいです。

可愛い店員が居る確率を上げるためにも、大きめのお店に行きましょう。

飲食店

飲食店で食事をするときに、店員に話しかけます。

お店で一番可愛い女性店員を見つけて、なるべくその人と話せるようにしましょう。

そのときに、次のようなことを言って会話してください。

 

「何にしようか迷っているんですが、お勧めってありますか?」

「何にしようか迷っているんですが、どれが人気ですか?」

 

スターバックスなどのカフェなら、可愛い女性がいることが多いです。

ファミレスなどは、呼び出しボタンを押しても、どの店員が接客に来るのか分かりません。

そのため、可愛い店員が通りがかったときに、「すみません、注文いいですか?」と話しかけてください。

レベル1のポイント

まずはこのレベル1を突破できるよう、何十回も繰り返してください。

お金もかからず、簡単に鍛えることができます。

自分の生活圏だと気まずいという方は、一駅隣のエリアで試したり、学校や会社の帰り道に少し寄り道をして、普段自分が行かない場所で試してみてください。

心理的ハードル【レベル2】

駅・ショッピングモール

大きな駅やショッピングモールには、インフォメーションセンターと呼ばれる場所があります。

「ある場所に行きたいが、どこにあるか分からない」という場合などに、行き方を教えてくれる場所です。

「サービスセンター」や「総合案内」と言った名称のところもあります。

 

このインフォメーションセンターですが、多くの場合女性スタッフが待機していて、美人さんが多いです。

 

スーパーマーケットや飲食店と違うのは、服装がきちんとしているところです。

服装がきちんとしているだけで、女性は見栄えが違いますよね。僕はそれだけで緊張度が増します(笑)

また可愛い系というよりは、綺麗系の女性が多いです。

 

やることは【レベル1】とあまり変わりません。

ただ女性の外見がカッチリとした服装で、綺麗系で、しかも話す時間が少し長くなるため【レベル2】にしました。

次のような感じで話します。

 

「すみません、駅の中に○○というお店が入っていると思うのですが、場所はどこにありますか?」

「すみません、○○方面へ行きたいのですが、一番近い出口はどこですか?」

 

ここでのポイントです。

「〜ですね?」と、教えてもらった情報を口にして、確認をするようにしてください。

オウム返しですね。

 

【レベル1】では会話は1往復で終わってしまいますが、【レベル2】では2往復の会話を目標とします。

慣れてきたら1度に質問を2回して、4往復以上を目指してみましょう。

デパート・百貨店

三越、伊勢丹、高島屋などです。

デパートにも駅と同じく、場所を教えてくれるところがあります。

「総合案内」、「総合受付」といった名前です。

 

やることは駅やショッピングセンターと変わらないのですが、雰囲気は段違いです。

お店のスタッフはスーツですし、周りはブランド物に身を包んだ客。

しかも受付はまず間違いなく、綺麗な装いの美人女性です。

 

心理的な抵抗はかなりあると思います。

でも、こういう緊張感を徐々に自分に慣らしていければ、メンタル面で強くなります。

 

女性とデートするようになれば、アクシデントなんていくらでも出てきますからね…。

精神を鍛えるというと大げさかも知れませんが、ちょっとずつレベルアップしていきましょう。

次のような感じで尋ねます。

 

「すみません、○○用品は何階にありますか?」

「すみません、○○はどこで買えますか?」

 

ここでも、会話は2往復〜4往復を目指してください。

レベル2の壁

レベル2では、綺麗な女性と4往復の会話ができればOKです。

もちろん、会話ができるだけでなく、精神的に落ち着いた状態で対応できるようになるまで、何十回も繰り返してください。

心理的ハードル【レベル3】

ここからは、質問の往復ではなく普通の会話となります。

5分〜30分くらいでしょうか。

とは言っても、ずっと話し続けるわけではなく、途切れ途切れの会話の合計がこれくらいというだけです。

 

これができれば、だいぶ女性に慣れてきたと言えると思います。

頑張っていきましょう。

大学の文化祭

大学の文化祭に参加します。

中学生〜社会人まで、様々な年齢の人がいます。

人が大勢いるので、誰もあなたのことは見てません。安心してください。

 

露天で飲み食いもいいですが、ここでは体験イベントに参加してください。文化系が多いと思います。

もちろん、女性に慣れるのが目的なので、なるべく女性が多いところにしましょう。

例えば、「茶道体験」、「○○実験」、「納豆作り体験」、「ペーパークラフト」などです。

 

体験なので、何かを教えてもらいながらの会話があります。

またオープンな雰囲気なので、会話がしやすいです。

普通に誰かと来ても楽しいので、デートコースとしても使えます。

体験レッスン・体験教室

こちらも体験です。

実際に通わなくてもいいので、とにかく女性が多そうなところを体験してみましょう。

「ABCクッキングなどの料理体験」、「ヨガ教室」、「英会話体験レッスン」、「ラテアート」、「陶芸体験」などです。

 

1日体験なら、費用もそんなにかかりませんし、これでもう会わないと思うと気持ちが楽です。

また体験教室はなごやかな雰囲気で、他の人とも会話しやすいです。

 

「これは〜で合ってますか?」

「上手いですね!常連さんなんですか?」

 

こんな感じで、自分から話しかけて軽く雑談できるようになるのが、レベル3のゴールです。

これを自然体でできるようになれば、かなり自信がついてきます。

レベル1から挑戦していき、女性慣れを目指しましょう。

まとめ

  • 家族や親しい友達と同じ感覚で女性と接することができれば、女性慣れしていると言える
  • 最初は店員を相手に慣れていく
  • 自分から話しかけて、軽く雑談できるようになれば恋愛する準備はOK
挨拶とお礼
挨拶とお礼だけは完璧に!「挨拶」と「お礼」で恋愛は始まる?「女性は男性と違って、ゆっくりとしたスピードでその人を好きになっていく」って聞きますけど、実感しにくいですよね。 でも逆に...
男のモテは髪型から!?初めてでも緊張しないで美容師さんと話すコツ男にとっての美容室って、なんだか敷居が高く感じてしまって、行きづらい場所ですよね。 僕も初めて行くときは、かなり緊張しました(笑)...

 

無料講座:7日間メルマガ動画セミナー

継続・モチベーション維持悩んでいる方向けに、

メルマガ動画セミナーを作りました!

 

詳細はこちらです。

メルマガの登録・解除はこちら↓

【7日間メルマガ動画セミナー】

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前
  • お名前、またはニックネームを入力してください

 





最初のメールは、登録後すぐに届きます!

届いていない場合は、”迷惑メール”に振り分けられている可能性が高いので、迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。

振り分けられてしまった場合の解除方法は、こちらです。