コミュニケーション

【書評】『人を動かす』デール・カーネギー【その1:人を動かす3原則】

今回紹介する本は、こちら。

『人を動かす』デール・カーネギー

(4記事に分けて書評します)

どんな本?

「人が動く原則」について書かれた、

人間関係を良好にするのに役立つ本です。

 

原書は、1936年に初版が発行されています。

もう「80年」以上前の本なのです!

 

1981年の改訂版が出るまでに、

世界で1500万部が売り尽くされるという、

大ベストセラーです。

こんな人にオススメ

・人間関係に悩んでいる

・ビジネスや恋愛で結果を出したい

・リーダーとしての資質を身に付けたい

著者はどんな人?

著者は、デール・カーネギーさん。

1888年、アメリカのミズーリ州の

農家の家に生まれました。

 

州立の学芸大学に進み、

強い劣等感に悩んでいた彼は、

それを克服するために弁論を研究します。

 

大学卒業後は、

  • 教師
  • セールスマン
  • 食肉会社員
  • 行商人
  • 劇団研究所
  • トラックのセールスマン

 

など、多くの仕事を経験しますが、

「やっぱり自分に適した仕事は、大学の時に研究した弁論術だ」

と気づき、YMCA(キリスト教青年会)の弁論術講座を担当します。

 

初めの報酬は、1晩にたったの2ドル。

しかし次第に受講者が増え、報酬は30ドルに。

 

自己の適正を成人教育に見出し、

頭角を現して行きます。

 

そして話術、人間関係の新分野を開拓し、

アメリカ、ロンドン、パリなどで講演会を開き、

大企業の顧問として、社員の教育に当たりました。

 

 

彼は最初、人を動かす原則を印刷した、

カードを作って講演会の材料にしていました。

 

しかし、講演会を重ねるうちに、カードが増加。

 

やがて薄いパンフレットになり、

そのパンフレットも増加して、

15年後には1冊の本になります。

 

それが、本書です。

15年にわたる、彼の指導の現場から生まれた本なのです。

 

 

そこに行き着くまで、

彼は数々の職を経験してきました。

 

辛い思いをしたり、

社会の表裏を見てきた彼だからこそ、

人を動かす秘訣を探り当てたのだと思います。

 

では、そんな本書には

どんなことが書いてあるのか?

見ていきましょう。

この本の結論

本書では、人を動かす3原則として、

次の3つが挙げられています。

 

  1. 批判も非難もしない。苦情も言わない。
  2. 重要感を与える
  3. 人の立場に身を置く

 

この3つの原則は、

たとえ一国の王であろうと、

5歳の子供であろうと、変わらないそうです。

 

人って、やっぱり自分が一番大好きです。

だからこそ、人を動かすには、

相手のことを考えないといけないんですよね。

具体的には?

1. 批判も非難もしない。苦情も言わない。

「他人のあら探しは、何の役にも立たない」

ということです。

 

他人を批判すると、

すぐに相手の防衛本能が働いて、

自分のことを正当化しようとします。

 

また自尊心を傷つけられた相手は、

反抗しようとするのが普通です。

 

こんな状態では、

相手のことを動かすなんて、

できるはずがありませんよね。

 

 

あなたが人を動かしたいなら、

誰かと良好な関係を築きたいなら、

 

反射的に人を非難するのではなく、

相手を理解しようと努める。

 

どうして相手がミスや失敗をしてしまったのか、よく考えてみる

 

こういった心がけが必要です。

厳しい非難や詰問は、

ほとんどの場合役に立たないのです。

2. 重要感を与える

「自ら動きたくなる気持ちを起こさせる」

ということです。

 

人には、

  • 偉くなりたいという願望
  • 重要人物でありたいという願望

があるようです。

 

人間には他にも、

  • 健康
  • 食事
  • 睡眠
  • お金
  • 性欲

 

などの欲求があります。

上記の5つは、大抵は満たすことができるものです。

 

しかし、この5つの欲求と同じくらい強く、

しかしなかなか満たされない欲求があります。

 

それが、重要感です。

 

相手の長所を素直に認めて、褒めてあげる。

相手の思いやりに感謝する。

 

こういったことをすると、

相手は気持ちよく動いてくれます。

 

人間は例外なく、

他人から評価を受けたいと望んでいるのです。

3. 人の立場に身を置く

「相手の好きなことや、利益を考える」

ということです。

 

誰でも、自分大好き人間です。

相手を動かすには、「強い欲求を起こさせる」必要があります。

 

その強い欲求は何かというと、

相手の「好み」や「利益」、ということです。

 

自分の都合だけを考えてはいけません。

 

常に相手の立場に身を置いて、

相手の立場から物事を考えるからこそ、

相手は動いてくれるのです。

行動ベースへの落とし込み

ではさっそく、行動に移してみましょう!

あなたは今、人間関係を良好にしたい人がいますか?

 

仕事でも、恋愛でも、家庭でも、隣人でもいいです。

 

もしそういう人がいるなら、

「人を動かす3原則」のうち、どれか1つでいいです。

意識して接するようにしてみましょう。

 

きっと結果が変わってくるはずです。

 

僕はさっそく、

「重要感を与える」というのを意識して、

ラインをある人に送ってみました。

 

あなたも今すぐ、やってみてくださいね。

まとめ

  1. 批判も非難もしない。苦情も言わない。
  2. 重要感を与える
  3. 人の立場に身を置く
〜お悩み相談受付中〜
  • 自分を変えたくて何か行動したい
  • 一人で生きる力をつけるためにビジネスを学びたい
  • 恋愛や対人コミュニケーションに悩んでいる

 

かがり
かがり
もしこんな悩みがあるなら、同じ悩みがあって悩んでいた僕がお話お聞きします

誰よりも失敗と挫折をしているので、お力になれるかもしれません。

とはいえ暇ではないので、「今を変えたい」という強い気持ちがある方だけでお願いします↓↓

友だち追加

TwitterのDMでも構いません。

アンケートに答えて頂けると、返信がスムーズです。