コミュニケーション

【書評】『人を動かす』デール・カーネギー【その2:人に好かれる6原則】

今回紹介する本は、こちら。

『人を動かす』デール・カーネギー

(4記事に分けて書評します。概要と著者については同じことを書いているので、飛ばして読んでください)

人を動かす3原則
【書評】『人を動かす』デール・カーネギー【その1:人を動かす3原則】今回紹介する本は、こちら。 『人を動かす』デール・カーネギー (4記事に分けて書評します) (function(b,c,f...

どんな本?

「人が動く原則」について書かれた、

人間関係を良好にするのに役立つ本です。

 

原書は、1936年に初版が発行されています。

もう「80年」以上前の本なのです!

 

1981年の改訂版が出るまでに、

世界で1500万部が売り尽くされるという、

大ベストセラーです。

こんな人にオススメ

・人間関係に悩んでいる

・ビジネスや恋愛で結果を出したい

・リーダーとしての資質を身に付けたい

著者はどんな人?

著者は、デール・カーネギーさん。

1888年、アメリカのミズーリ州の

農家の家に生まれました。

 

州立の学芸大学に進み、

強い劣等感に悩んでいた彼は、

それを克服するために弁論を研究します。

 

大学卒業後は、

  • 教師
  • セールスマン
  • 食肉会社員
  • 行商人
  • 劇団研究所
  • トラックのセールスマン

 

など、多くの仕事を経験しますが、

「やっぱり自分に適した仕事は、大学の時に研究した弁論術だ」

と気づき、YMCA(キリスト教青年会)の弁論術講座を担当します。

 

初めの報酬は、1晩にたったの2ドル。

しかし次第に受講者が増え、報酬は30ドルに。

 

自己の適正を成人教育に見出し、

頭角を現して行きます。

 

そして話術、人間関係の新分野を開拓し、

アメリカ、ロンドン、パリなどで講演会を開き、

大企業の顧問として、社員の教育に当たりました。

 

 

彼は最初、人を動かす原則を印刷した、

カードを作って講演会の材料にしていました。

 

しかし、講演会を重ねるうちに、カードが増加。

 

やがて薄いパンフレットになり、

そのパンフレットも増加して、

15年後には1冊の本になります。

 

それが、本書です。

15年にわたる、彼の指導の現場から生まれた本なのです。

 

 

そこに行き着くまで、

彼は数々の職を経験してきました。

 

辛い思いをしたり、

社会の表裏を見てきた彼だからこそ、

人を動かす秘訣を探り当てたのだと思います。

 

では、そんな本書には

どんなことが書いてあるのか?

見ていきましょう。

この本の結論

本書では、人に好かれる6原則として、

次の6つが挙げられています。

 

  1. 誠実な関心を寄せる
  2. 笑顔を忘れない
  3. 名前を覚える
  4. 聞き手にまわる
  5. 関心のありかを見抜く
  6. 心から褒める

 

それぞれ見ていきましょう。

具体的には?

1. 誠実な関心を寄せる

人を動かす3原則
【書評】『人を動かす』デール・カーネギー【その1:人を動かす3原則】今回紹介する本は、こちら。 『人を動かす』デール・カーネギー (4記事に分けて書評します) (function(b,c,f...

↑こちらの記事で書きましたが、

人間は、ひたすら自分のことに関心を持っています。

 

もし、あなたが人から好かれたいのなら、

相手の気を引こうとするのではなく、

相手に関心を寄せること。

 

こうすれば、相手は嬉しくなって、

あなたに好印象を持つ。

そう著者は主張しています。

 

 

例えば、あなたが営業をしているなら、

自分の商品を売ろうとするのではなく、

 

まずは「相手の興味のあることを知ろうとする」

ということです。

 

こちらから心からの関心を示す。

これを意識してみましょう。

2. 笑顔を忘れない

中国には、次のようなことわざがあるそうです。

「笑顔を見せない人間は、商人にはなれない」

 

笑顔こそ、もっとも簡単にでき、

かつ効果的な人に好かれる方法です。

 

とはいえ、笑顔が苦手な方も

いるかもしれません。

 

そんな方におすすめなのは、

「歯を見せる」ように意識することです。

そうすると、笑っているように見えます。

 

笑顔は、

  • 元手がいらず、利益は莫大
  • 与えても減らない
  • 与えられた人は豊かになる

という特徴があります。

 

また、

  • 買うことができない
  • 強要することができない
  • 借りることができない
  • 盗むことができない

 

ものであり、

無償で与えてはじめて

値打ちが出るものです。

 

あなたは笑顔で人と接していますか?

3. 名前を覚える

人間というのは、自己の名前に

並々ならぬ関心を持っています。

 

例えばあなたが、

前に一度しか会ったことがない相手と再び会ったとき、

 

相手がすぐにあなたの名前を呼んで

挨拶してくれたら、どうでしょう?

 

めちゃくちゃ嬉しいですよね?

 

「自分の名前を覚えていて、

それを呼んでくれる」

 

これって、変なお世辞よりも

よほど効果があることなんです。

 

特にあなたがビジネスをしているなら、

相手の名前を覚える努力をしましょう。

きっとあなたのことも好きになってもらえます。

4. 聞き手にまわる

少し前に、

「話上手は聞き上手」

なんて言葉が流行りましたよね。

 

この言葉の通り、本当に相手と

気持ちの良いコミュニケーションが取れる人って、

傾聴がきちんとできる人です。

相手の話を聴くことは、手助けすること?
【書評】『悩みを聴く技術-ディープ・リスニング入門』ジェローム・リス今回紹介する本は、こちら。 『悩みを聴く技術-ディープ・リスニング入門』ジェローム・リス (function(b,c,f,g,a...

 

なぜなら、人は自分のことが

一番大好きだからです(笑)

 

その人の言うことに耳を傾けてあげる。

 

決して話を遮ったり、

何か意見を言ったりすることなくです。

 

これだけで、

相手はあなたのことを好ましく思うのです。

 

自分のことだけ話していませんか?

5. 関心のありかを見抜く

人の心をとらえる近道は、

相手が最も関心を持っている問題を

話題にすることです。

 

例えばあなたが男性で、

好きな女性がいるとします。

 

普通なら、

どんなに自分が魅力的なのかをアピールしたり、

自分は凄いのだと自慢したくなりますよね。

 

でもそうではなくて、

相手が一番興味のあることや、

相手の関心のあること。

 

これを話題にしてみるのです。

 

相手と仲良くなりたいのなら、

その方がよほど効果があったりします(笑)

 

相手がスポーツに興味があるなら、

応援してるスポーツチームについて調べる。

 

音楽に興味があるなら、

そのバンドや歌手について調べてみる。

 

常に相手目線で、相手はどんな話題が嬉しいのかを

考えてみましょう。

6. 心から褒める

人は誰でも自分のことを、

自分は重要な存在だと考えています。

 

周囲の人から認められたいし、

自分の真価を認めてほしいのです。

 

だから、相手の心を確実に掴む方法は、

相手が重要な人物であることを認めて、

そのことを相手に悟らせることだと著者は主張しています。

 

 

ただお世辞を言って褒めるのとは違います。

あなたが心から、感心したことについて

惜しみなく賛辞を贈るということです。

 

最近、誰かのことを心から褒めましたか?

行動ベースへの落とし込み

ではさっそく、行動に移してみましょう!

人に好かれる6原則のうち、どれか1つで良いです。

今すぐ行動に移してください。

 

ちなみに僕は、5つ目の「関心のありかを見抜く」をやってみました。

最近知り合った女性が興味のあるホラーゲームについて調べて、YouTubeのプレイ動画を見てみました。

概要と雰囲気は分かったので、ちょっとだけ話題にできそうです(笑)

まとめ

  1. 誠実な関心を寄せる
  2. 笑顔を忘れない
  3. 名前を覚える
  4. 聞き手にまわる
  5. 関心のありかを見抜く
  6. 心から褒める
〜お悩み相談受付中〜
  • 自分を変えたくて何か行動したい
  • 一人で生きる力をつけるためにビジネスを学びたい
  • 恋愛や対人コミュニケーションに悩んでいる

 

かがり
かがり
もしこんな悩みがあるなら、同じ悩みがあって悩んでいた僕がお話お聞きします

誰よりも失敗と挫折をしているので、お力になれるかもしれません。

とはいえ暇ではないので、「今を変えたい」という強い気持ちがある方だけでお願いします↓↓

友だち追加

TwitterのDMでも構いません。

アンケートに答えて頂けると、返信がスムーズです。