コミュニケーション

【書評】『人を動かす』デール・カーネギー【その4:人を変える9原則】

今回紹介する本は、こちら。

『人を動かす』デール・カーネギー

(4記事に分けて書評します。概要と著者については同じことを書いているので、飛ばして読んでください)

人を動かす3原則
【書評】『人を動かす』デール・カーネギー【その1:人を動かす3原則】今回紹介する本は、こちら。 『人を動かす』デール・カーネギー (4記事に分けて書評します) (function(b,c,f...
人に好かれる6原則とは?
【書評】『人を動かす』デール・カーネギー【その2:人に好かれる6原則】今回紹介する本は、こちら。 『人を動かす』デール・カーネギー (4記事に分けて書評します。概要と著者については同じことを書いてい...
人を説得する12原則
【書評】『人を動かす』デール・カーネギー【その3:人を説得する12原則】今回紹介する本は、こちら。 『人を動かす』デール・カーネギー (4記事に分けて書評します。概要と著者については同じことを書いてい...

 

どんな本?

「人が動く原則」について書かれた、

人間関係を良好にするのに役立つ本です。

 

原書は、1936年に初版が発行されています。

もう「80年」以上前の本なのです!

 

1981年の改訂版が出るまでに、

世界で1500万部が売り尽くされるという、

大ベストセラーです。

こんな人にオススメ

・人間関係に悩んでいる

・ビジネスや恋愛で結果を出したい

・リーダーとしての資質を身に付けたい

著者はどんな人?

著者は、デール・カーネギーさん。

1888年、アメリカのミズーリ州の

農家の家に生まれました。

 

州立の学芸大学に進み、

強い劣等感に悩んでいた彼は、

それを克服するために弁論を研究します。

 

大学卒業後は、

  • 教師
  • セールスマン
  • 食肉会社員
  • 行商人
  • 劇団研究所
  • トラックのセールスマン

 

など、多くの仕事を経験しますが、

「やっぱり自分に適した仕事は、大学の時に研究した弁論術だ」

と気づき、YMCA(キリスト教青年会)の弁論術講座を担当します。

 

初めの報酬は、1晩にたったの2ドル。

しかし次第に受講者が増え、報酬は30ドルに。

 

自己の適正を成人教育に見出し、

頭角を現して行きます。

 

そして話術、人間関係の新分野を開拓し、

アメリカ、ロンドン、パリなどで講演会を開き、

大企業の顧問として、社員の教育に当たりました。

 

 

彼は最初、人を動かす原則を印刷した、

カードを作って講演会の材料にしていました。

 

しかし、講演会を重ねるうちに、カードが増加。

 

やがて薄いパンフレットになり、

そのパンフレットも増加して、

15年後には1冊の本になります。

 

それが、本書です。

15年にわたる、彼の指導の現場から生まれた本なのです。

 

 

そこに行き着くまで、

彼は数々の職を経験してきました。

 

辛い思いをしたり、

社会の表裏を見てきた彼だからこそ、

人を動かす秘訣を探り当てたのだと思います。

 

では、そんな本書には

どんなことが書いてあるのか?

見ていきましょう。

この本の結論

本書では、人を変える9原則として、

次の9個が挙げられています。

 

  1. まず褒める
  2. 遠回しに注意を与える
  3. 自分の過ちを話す
  4. 命令をしない
  5. 顔をつぶさない
  6. わずかなことでも褒める
  7. 期待をかける
  8. 激励する
  9. 喜んで協力させる

 

それぞれ見ていきましょう。

具体的には?

1. まず褒める

相手に非があることが明らかで、

あなたがそれを相手に改善して欲しい場合、

いきなり相手に迫るのは賢くありません。

 

相手にも、プライドがあります。

例えあなたの言い分が100%正しくても、

100点の対応とは言えません。

 

ではどうすればいいのかというと、

「最初に褒める」というところです。

 

自分は、相手を認めている。

尊重しているのだということを示せば、

その後の忠告も受け入れやすいというものです。

 

  • あなたの働きにはいつも助かっている。
  • いつも精力的に行動している姿は皆を鼓舞している
  • 君なしでは○○は成り立たない

 

今、たまたま問題が起こっているだけで、

相手の評価できる部分もあるはずです。

まずはそれを、誠意を持って伝えるのです。(お世辞はNGです)

 

そしてその後に、

  • ところで、〜という状態が起こっているみたいだね
  • 実は、〜という話を聞いたのだが

 

というふうに話を切り出し、改善を要求すれば、

相手も受け入れやすくなるのです。

2. 遠回しに注意を与える

相手に直接注意をすると、

相手はやはり傷ついてしまいます。

 

遠回しに注意をすることで、

気持ちよく直そうという気持ちになってくれるのです。

 

  • 素晴らしい!さらにこうすればもっと良くなりそうだね
  • これも良いけど、今回の場合は○○の方が適しているかも知れないね

 

こんな言い方をして、

相手に注意してみましょう。

3. 自分の過ちを話す

相手に誤りを直して欲しければ、

まずは「自分もよくやる」、「昔はよくやったものだ」と、

相手に寄り添う姿勢が重要です。

 

すると相手は、

「決して自分だけが無能なわけではない」

と安心し、あなたの忠告を受け入れやすくなります。

 

あなたは絶対にミスをせず、

過去に一度も失敗はない。

なんてことはありませんよね?

4. 命令をしない

命令をするのではなく、

「意見を求める」という発想を持つと、

相手は協力してくれやすくなります。

 

  • 〜だと思うのだが、どうだろう?
  • ここはこうした方が良いと思うのだけど、うまくいくだろうか?
  • こんな考えはどうだろう?

 

このような言い方をすることで、

良好な関係を保ったまま、

相手を行動させることができます。

5. 顔をつぶさない

自分の気持ちを通すのに、

相手の感情を踏みにじっていては、

相手の自尊心が傷ついてしまします。

 

例えあなたが正しくてもです。

 

相手の顔を立ててあげることで、

相手はあなたに感謝の念を抱きます。

6. わずかなことでも褒める

批判を控え、褒めることに意識を向ければ、

良い行動は定着し、悪い行動は抑制されることが、

人や動物の実験で立証されています。

 

人は誰でも、他人から評価され、

認められたい願望があります。

 

批判によって人間の能力は弱まり、

励ましによって花ひらくのです。

7. 期待をかける

相手の良いところを見つけて、

それに敬意を表していますか?

 

「仕事だから当たり前」

という態度で相手に苦情を言ったとして、

相手はより仕事を一生懸命やろうと思うでしょうか?

 

それは賢いアプローチとは言えません。

 

そうではなく、あなたの仕事ぶりは素晴らしい!

でも、「あなたなら、

もっと○○できると思うのだが…」

 

という言い方に変えてみましょう。

自分は期待されていると思うだけで、

人は変わります。

8. 激励する

誰かに注意や忠告をするとき、

相手の向上心の芽を摘み取ってしまうような

言い方をしていませんか?

 

あなたならできる。

あなたの能力を自分は信じている。

 

そう伝えてあげるだけで、

相手は懸命に頑張ろうとするのです。

9. 喜んで協力させる

自分の要求を通したいなら、

相手が喜んでやりたくなるような

やり方をしてみましょう。

 

例えば、

「権威」や「肩書き」を与えるなどです。

 

ナポレオン一世は、これを上手く使って人を動かしていました。

  • 自分で作った勲章を、1500個ばらまく
  • 18人の大将に、「元帥」の称号を与える
  • 自分の軍隊を「大陸軍」と呼ぶ

などです。

 

新しい責任と肩書きを与えられると、

人の仕事ぶりはガラリと変わり、

自分の任務を遂行しようとするのです。

行動ベースへの落とし込み

ではさっそく、行動に移してみましょう!

人を説得する9原則のうち、どれか1つで良いです。

今すぐ行動に移してください。

 

僕は、「まず褒める」

というのを試してみようと思います。

 

例え叱るような状況でも、

褒めることから入るということですね。

賢くいきましょう!

まとめ

  1. まず褒める
  2. 遠回しに注意を与える
  3. 自分の過ちを話す
  4. 命令をしない
  5. 顔をつぶさない
  6. わずかなことでも褒める
  7. 期待をかける
  8. 激励する
  9. 喜んで協力させる
無料講座:7日間メルマガ動画セミナー

継続・モチベーション維持悩んでいる方向けに、

メルマガ動画セミナーを作りました!

 

詳細はこちらです。

メルマガの登録・解除はこちら↓

【7日間メルマガ動画セミナー】

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前
  • お名前、またはニックネームを入力してください

 





最初のメールは、登録後すぐに届きます!

届いていない場合は、”迷惑メール”に振り分けられている可能性が高いので、迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。

振り分けられてしまった場合の解除方法は、こちらです。