心理

女性はみんな男性が怖い?近くに女性がいたら気遣ってあげよう

女性から恐れられたことってありますか?

僕はどちらかと言うと、女性から見下されていた側なので、あまり経験はないです(笑)

でも実は、女性って全員が全員、男性のことを怖いと思っています。

 

あまり意識できていないと思いますが、女性が近くにいるときには気遣ってあげれると紳士です。

もしかしたら、知らない間に女性を怖がらせて、出会いのチャンスを逃しているかも知れません。

この記事では、女性が男性を怖いと思う理由と、男性側で気遣ってあげた方がいいことについて説明します。

こんな人にオススメ

・女性心理を知りたい

・女性から怖がられることが多い

女性が男性を怖いと思う理由

1. 力では敵わないから

あなたがどんなに体が細くて、力が無いと思っていても、ほとんどの女性には勝てます。

男性と女性は筋肉の質は同じなのですが、量が違っていて、女性は男性の55%〜70%の筋肉量となっています。

けっこう違いますよね。

 

これを実感した出来事があります。

 

僕が大学3年生のときに、小学生向けキャンプの見守りボランティアみたいなものをやったときのことです。

同じボランティアの女性がスーツケースを持って、上り坂の山道を登っていました。

ものすごく重そうに持っていて、全然進んでないんですよ。

 

2泊3日だったのでそれなりの荷物とは言え、一瞬持ち上げては1m進むだけ。

それを繰り返していました。

 

「どんだけ重いんだ…?」

 

と驚きましたが、顔合わせも済んでいるし、無視して先に進んだら心証も悪くなります。

持てるか不安でしたが、「持ちましょうか?」と言ってスーツケースを持ってあげたんですが…

 

めちゃくちゃ軽かったです。

 

悪気は無かったのですが、軽すぎて「え!?軽!」と驚いて声が出てしまいました。

例えるなら、水がいっぱいに入ったバケツを持ち上げようとしたら、実は中身が空だったときの、あの感覚です。

 

では僕に筋肉があるのかと言うと、全然そうじゃないんですよ。

僕の体格は細い方で、力には自信がありません(笑)

 

よく覚えてないですが、たぶん握力は30超えたこと無いと思います。

そんな僕でも、女性が重そうに持っている荷物を、軽々持ててしまうんです。

 

「男女差で筋肉って本当に違うんだな〜」と実感した瞬間でした。

 

このように、女性はもし男性に襲われたら、力ではまず敵いません。

だから夜道を一人で歩くのは怖いし、知らない男性と二人きりなんかの状況は避けようとしています。

この心理を理解してあげましょう。

2. 性的な目で見られるから

これは生物的にしょうがない部分でもあるのですが、やはり女性というだけで性的な目で男性に見られてしまいます。

僕は女性じゃないので分からないのですが、外出するだけでファッションショーの歩くところ(ランウェイ)を歩いている感じでしょうか?

 

これを考えると、けっこうキツイ気がします。

 

常に脚や胸に男性の視線を感じているのだから、それは怖いです。

自分は生物として女性なのだと、常に意識させられてしまいます。

法律や周りの目という、抑止力があるとは言え、感情は別ですからね…

 

女性の脚や胸を見るのを止めろとは言いません。

ただ、目の前に女性がいるにも関わらず、凝視するのは止めておきましょう。

3. 過去のトラウマがあるから

男性からの、過去に何かしらの嫌な経験がある女性は、それがトラウマとなっていることがあります。

その結果、「男性=怖い」の図式になっていて、あなたが何もしていなくても怖がる女性もいると思います。

 

もちろん、「変なことをしない普通の男性もいる」ということは、頭では分かっているのでしょうが、やはり生理的な嫌悪感は簡単には拭えません。

 

僕もかつては女性を怖いと思っていた時期があるので、少し気持ちが分かります。

でもあなたが思っているよりも、トラウマを抱えた女性は多いと思った方がいいです。

そういう女性には優しく接してあげるか、あえて接しないのも優しさかも知れません。

女性にできる気遣い

とは言え、男性には男性の苦労があるんですよね。分かります(笑)

女性に積極的にアプローチすれば、怖いし気持ち悪い。

かと言って消極的だと、男なんだからリードしろ、草食系はダメだとバッシング。

 

もうどうすればいいのかと(笑)

女性一人一人の状況に対して、「高度な柔軟性を維持しつつ臨機応変に対応」すればいいんですね、分かります。

ムリ\(^o^)/  

 

ってなってましたね(笑)

でもしょうがないんですよ。

基本、男って生きてるだけで批判されます。

 

男性は傷つき、批判されながらも進むしかないんです。

やっぱり、女性が笑ってる姿って可愛いじゃないですか。

綺麗な女性にニコっとしてもらうだけでも、元気出ますよね。

 

それを考えると、痛みを引き受けるのは男性側でいいかな…って思うんですよね。

このブログは、世知辛い世の中で生き抜くあなたを応援するブログです(笑)

それでは、女性にできる気遣いを見ていきましょう。

重いものを持ってあげる

どんなに細身の男性でも、大抵の女性より力はあるので、重いものは持ってあげましょう。

声かけは、「重そうですけど、良かったら持ちましょうか?」でOKです。

これを下心なく、自然にできるようになれれば上級者です。

 

似たようなことで、ペットボトルの蓋を開けてあげるのもアリです。

たまに蓋が固いものってありますよね。

小さなことですが、喜ばれますよ。

夜道では距離をあけて歩く

僕が最初に、明確に女性に怖がられているなと感じたのは、会社帰りに夜道を歩いているときですね。

前に女性が歩いているんですが、何回も不安な顔して振り向いてくるんですよ。

たまたま同じくらいのペースで歩いていて、辺りは多少暗いとは言え、駅の目の前の通りなんですけどね。

 

「あ、俺のこと怖いのか…」

人から怖がられたことなかったので、軽くショックでした(笑)

 

夜と言っても、20時過ぎ頃。

歩道は学校もある駅前通りで、街灯はもちろんあり、隣は国道で車がビュンビュン走っています。

人通りもちらほらあり、読もうと思えば本が読めなくは無いくらいの暗さです。

 

しかもこちらは真面目なスーツ姿。明らかに会社帰りの会社員です。

怖がる要因はほとんど無いと思ったんですが、まあ怖いならしょうがないですよね。

遠回りになるけど、そのときは横道に入って家に帰りました。

 

このように、夜に女性の後ろを歩くときは気をつけましょう。

女性とは一定の距離をあけてあげてください。

 

もし相手が不安がっていたら、歩くペースを極端に下げるか、用事はなくともコンビニに入るなどして、気遣ってあげると良いと思います。

ミニスカを履いている女性の近くは避ける

強風が吹いて、女性のミニスカが捲れて下着が見えてしまったら、「ラッキー!」って思いますよね(笑)

まあハプニングで見えてしまうのは良いんですが、もし狙って見ようとしているなら、今日から止めた方がいいです。

なぜなら、癖になってしまう恐れがあるからです。

 

特に、階段です。

周りには見ようとしているのバレています(笑)

 

僕が大学生のとき、カフェの外が見えるカウンター席でコーヒーを飲んでいたときの話です。

その席は、駅の階段が横から見える位置にあるので、階段を登る人の横顔が見えます。

 

ボーッとコーヒーを飲みながら、色んな人が階段を登っていくのを見ていたんですが、女性のスカートの中を見ようとしている男性は、100%分かりますね(笑)

視線もそうなのですが、明らかに不自然に、歩くペースが遅くなったり早くなったりするんですよね。

ベストポジションを確保するために(笑)

 

そのときに、

「パンツ見ようとしている男性は客観的にはこう見えるのか……かっこ悪い…もう止めよう…」と決意しました(笑)

それまでは見てました、すみません。

 

まあ知っている人が誰もいなければ、まだいいんですけどね。

例えば、仕事でお客さんと一緒のときや、付き合う前のデートのときはマズイです。

癖になっていると、無意識で見てしまう恐れがあります。

 

お客さんがそんなあなたを見たら、どう思うでしょうか?

また付き合う前のデートだったら、減点はまぬがれないでしょう。

そのため、普段から見ないように気をつけておいた方が良いです。

対処法

ミニスカの女性が前にいるのに「見ないようにする」のは至難の技です。

だから、そもそも女性が前に居ない状態になるよう、コントロールするのがコツです。

 

僕は、登り階段の手前でミニスカの女性が歩いていたら、歩くペースをゆっくりにして女性が階段を登り終わるのを待ちます。

距離的に、歩くペースを落としても自分が階段を登ってしまいそうなら、わきで立ち止まりスマホをいじって時間を稼ぎますね。

 

あとは、電車で座席に座るとき、前にミニスカの女性が座っていたら、その人の対面のシートには座りません。

別のところに移動するか、その人と同じ側のシートに座るか、立ってスマホをいじります。

このように、工夫して対処していきましょう。

まとめ

  • 女性は全員、男性のことを怖いと思っている
  • 女性を慮ってあげられると紳士
  • やましいことは癖にしない
女性とキスするチャンス逃してる?
女性とキスするチャンス逃してる?バッグに常備しておくべきアイテムあなたは綺麗な女性とキスしたいですか? もちろん、したいですよね! 僕もしたいです(笑) でも、女性とデートしていて、女性も...
無料講座:7日間メルマガ動画セミナー

継続・モチベーション維持悩んでいる方向けに、

メルマガ動画セミナーを作りました!

 

詳細はこちらです。

メルマガの登録・解除はこちら↓

【7日間メルマガ動画セミナー】

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前
  • お名前、またはニックネームを入力してください

 





最初のメールは、登録後すぐに届きます!

届いていない場合は、”迷惑メール”に振り分けられている可能性が高いので、迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。

振り分けられてしまった場合の解除方法は、こちらです。