ライフハック

【印象操作?】人見知りこそ挨拶だけは絶対にするべき3つの理由!

挨拶って意識してしていますか?

挨拶が大事とは言うけれど、忙しい朝って挨拶するのを忘れてしまうことありますよね。

挨拶しようと思っても、タイミングを逃して結局言わないまま…なんてことも。

 

でも意外と挨拶って重要で、実は挨拶するとお得になる確かな理由があるんです!

そこでこの記事では、挨拶の意味と、挨拶すると得する理由について詳しく説明します。

こんな人にオススメ

・あまり挨拶できていない

・人見知りだけどまずは挨拶からできるようになりたい

そもそも挨拶とは何か?

Wikipediaによると、次のように説明がされています。

人間同士が何らかの目的で顔を合わせる場合、すぐにその目的に関する話題を始めることはまずない。

最初に互いの姿を確認した際、言葉や身振り、あるいはその両方で互いに相手の存在を認めたとわかる行動をする

Wikipediaより抜粋)

挨拶は、話す前の準備運動のようなものなんですね。

また挨拶は、相手の存在を認めているというサインでもあるようです。

 

つまり、挨拶をしないで相手にいきなり話しかけるということは、相手の存在を認めず、自分の要求だけを押し通す行為ともいえます。

これでは、自分勝手な人になってしまいますね。

でもその理由意外にも、挨拶するとお得なことがあるんです。

人見知りの人こそ挨拶するべき理由

プロフィールを見て頂ければ分かりますが、僕は重度の人見知りでした。

人見知りを克服するために、僕が一番初めにしたことは、挨拶です。

 

挨拶って便利なんですよ。

人見知りの僕にとって、決して挨拶は気軽にできるものではなかったのですが、それでも気が楽なものではありました。

 

なぜなら挨拶は、「おはよう」という挨拶だけで終わってもOK!

これが救いなんですよね。

 

それ以上、無理に自分から何か話す必要も無いし、相手が話を振ってくれたときは、それに答えるだけ。

この気楽さがあるから、人見知りの僕でも挨拶は頑張れました。

挨拶の恐るべき性質

挨拶は女性と話す理由ができるので、とても便利なものです。

 

例えば、「おはよう」と言った後に、

「今日も暑いね〜」

「宿題やった?」

など、天気や今日の授業などについて、自然に話を持っていくことができます。

 

そして挨拶の恐るべき性質は、

挨拶することそれ自体に理由がいらないということです。

たまたま目が会ったから挨拶する。それだけです。

 

例えば、アパートやマンションの廊下を歩いていて誰かとすれ違ったとき。

どこの誰だか分からないのに、「こんにちはー」と言われたことはありませんか?

 

または、会社のビルの中で誰かとすれ違ったとき。

誰だか分からないけれど、「お疲れさまでーす」と言われたことはあるでしょうか。

 

これは不自然ではありませんよね。

なぜなら、挨拶に理由はいらないからです。

 

理由がいらないと分かれば、女性相手でも挨拶できるような気がしませんか?

僕はビビりで理屈っぽいので、理由がいらないというのはとても心強かったです(笑)

女性への挨拶の仕方

どうやって女性に挨拶するかですが、これは簡単です。

挨拶に理由はいらないので、タイミングの問題だけなのです。

 

一番挨拶しやすいタイミングは、その日最初に会ったときです。

このときに、「おはよう」、「おはようございます」と言いましょう。

 

挨拶は、相手の存在を認める行為でしたね。

人は、誰しも自分のことを認めてほしいという欲求、「承認欲求」というものを持っています。

なので、挨拶されて嫌がる人はいません。

 

言い換えると、挨拶されるだけでも人は「自分の存在が認められて嬉しい」と、無意識に思ってしまうのです。

もうこれは、挨拶をしない理由なんて無いですよね。

挨拶するだけで好かれてしまう?

僕は大学生のとき、居酒屋でアルバイトをしていたことがあります。

そして同じバイト先の女子大生に告白されました。

ほとんどあまり、話したことのない女性です。

 

だから、何で僕のことを好きになったのか、聞いてみました。

そしたらその女子大生はこう答えました。

 

『だって、いつも挨拶してくれるから』

 

バイト先のシフト表で、誰が出勤するのかは事前に分かっています。

その上、お店はオープンしたばかりで常に忙しく、走り回って仕事しているような状態でした。

なので誰か出勤してきても、「あ、来たか。これやってくれない?」と、すぐに仕事を頼まれて、ろくに挨拶をしないことも多い状況でした。

 

そんな中、僕だけは必ず最初に挨拶をしてくれる。

だから好きになった、と言われました。

(いじめられていた経験から、無駄に敵を作らないように礼儀だけは徹底していました笑)

 

僕は、顔が特別カッコいいわけでも、何か面白いことができるわけでもありません。

しかし、挨拶をするだけで女性に好きになってもらうことができました。

嘘のような、本当の話です。

 

挨拶をすると、あなたの存在は徐々に周りに認められてきます。

「お、あいつ挨拶するんだ。けっこういい奴かも知れない」

冗談ではなく、無意識ですがこんなふうに思われます。

 

挨拶するだけでも、人はその人のことをあまり嫌いになれないんです。

まとめ

人見知りこそ挨拶をすべき3つの理由
  1. 挨拶だけで終わってもOKなので気楽
  2. 挨拶という行為に理由はいらないので安心
  3. 挨拶から仲良くなれる可能性がある
コミュニケーションを取る前に意識すべきこととは?
超基本!!コミュニケーションを取る前に意識すべきこととは?コミュニケーションできてますか? これを読んでいるということは、コミュニケーションに少なからず悩んでいることと思います。 僕...
男性の基本恋愛戦略
男性の基本恋愛戦略!まずはマイナス部分を無くすことから始めよう!僕は子供の頃、「大人になったら自然に彼女ができて、結婚するもの」と、世界を認識していました。 純粋ですね〜。 まあ、無理なん...
〜お悩み相談受付中〜
  • 自分を変えたくて何か行動したい
  • 一人で生きる力をつけるためにビジネスを学びたい
  • 恋愛や対人コミュニケーションに悩んでいる

 

かがり
かがり
もしこんな悩みがあるなら、同じ悩みがあって悩んでいた僕がお話お聞きします

誰よりも失敗と挫折をしているので、お力になれるかもしれません。

とはいえ暇ではないので、「今を変えたい」という強い気持ちがある方だけでお願いします↓↓

友だち追加

TwitterのDMでも構いません。

アンケートに答えて頂けると、返信がスムーズです。