ビジネス

書評『結果を出すのに必要なまわりを巻き込む技術』小林正典

今回紹介する本は、こちら。

『結果を出すのに必要なまわりを巻き込む技術』小林正典

あのポッキーを作っている会社、江崎グリコの、チョコレートマーケティング部部長の方の本です!

中の人が暴露する巻き込む技術とは、何なのでしょうか?

この本を3行で(概要)

・結果を出す人は、まわりを巻き込む力がある

・ビジョンを明確にすることで共感され、人は動いてくれる

・短くキャッチーな言葉は心をつかむ

この本で得られるスキル

この本は、人を動かすノウハウを得られます。

具体的には次の3つです。

  • 社内の関係者の共感を得て動かす技術
  • 顧客の共感を得て動かす技術
  • 部下の力を引き出す技術

 

会社で部下を持っていたり、リーダー的ポジションを取ることが多いなら、読んで損はないと思います。

ただ、あくまでも大手メーカーの部長の方が書いた本なので、そこは念頭に置いた方がいいです。

こんな人にオススメ

・部下がいる

・リーダーになることが多い

・人に支持することが頻繁にある

著者紹介

著者は、江崎グリコの株式会社、チョコレートマーケティング部の部長さんです。

9年間営業をされた後、マーケティング職へ異動しています。

ポッキーの売上を5年で50億円伸ばした実績のあ理、マネージャーとしても活躍されています。

この本の主張とその理由

主張

「まわりの人をいかに巻き込めるか」で、大きな成果が出るか出ないかが決まる。

主張の理由

ヒット商品を作るには、次のような様々な人と協力して仕事を進める必要があり、その協力なしにはヒット商品は作れないから。

というのが、主張の理由です。

  • 研究所
  • 製造部
  • 技術部
  • 営業部
  • 広告部
  • 他社企業
  • 販売店

具体例

社内、顧客、部下の3つに分けて、本書に書かれている「動かす技術」をそれぞれいくつか紹介します。

社内を動かす技術

ファシリテーション力

様々な多部署を動かす上で欠かせないのは、「ファシリテーション力」です。

そのために必要なこととして、「成功へのビジョンを抜群の解像度で示す」ことが必要です。

明確ですぐれたビジョンこそが関係者を動かし、困難を乗り越える力を与えてくれます。

 

短くキャッチーな言葉を繰り返す

短くキャッチーな言葉は、人の心に響やすく、社内にも浸透しやすいです。

情報の少ないキャッチーなフレーズは共感されやすく、社内での連携もしやすくなります。

アイデアも出やすくなり、提案を受けることが多くなったと著者は言っています。

顧客を動かす技術

 

パッケージコミュニケーションを考える

パッケージコミュニケーションとは、パッケージの

  • 「デザイン」
  • 「材質・形状」
  • 「サイズ」
  • 「商品名」
  • 「写真」
  • 「キャッチコピー」

のことを言います。

 

商品がコンビニやスーパーの棚にあれば、顧客と最初に出会うのはパッケージです。

パッケージには商品独自の魅力を伝える役目があります。

 

ここで重要となるのは、「キャッチフレーズ」。

例えば、「ポッキー史上 最も細い」というキャッチフレーズが決まると、そしたらデザインはこうしよう、商品名はこうしよう、と決まりますよね。

パッケージコミュニケーションがしっかりしていれば、顧客に商品の魅力が伝わり、顧客の手が動く、というわけです。

部下を動かす技術

 

新しいことを始めるには、リーダーである上司が先頭を走る

新しい仕事を部下に任せても、部下には現状抱えている仕事がたくさんある。

そのため、どうしても新規事業を考えたり、行動したりする時間が割きにくいです。

なのでまずは上司がやるべき、と著者は述べています。

 

上司がやり、ある程度軌道に乗ってきたところで、部下に任せる。

そしてそのときは、辞める仕事とセットにすることで、部下が動いてくれます。

反論

自分は人を動かす立場にない、という方もいますよね。

でも、アイデアの部分では力になれるはずです。

特に「キャッチコピー」は上司としても悩ましい部分だと思いますので、積極的に提案することで評価も高くなるのではないでしょうか。

行動ベースへの落とし込み

まわりの人を動かすためのキャッチコピーを考えてみましょう!

手始めに、Twitterの肩書きはいかがでしょうか。

 

僕は何回もTwitterの肩書きを変えていて、今は「行動させる読書家」にしています。

基本、読書って一人でするものですよね。

だから見た人は、「行動させるって何だ?」と思うので、興味付けになります。

 

こんな感じで、ギャップを意識すると、人は「お?」と思ってくれますので、今すぐあなたのTwitterの肩書きを考えてみましょう!

まとめ

  • 結果を出す人は、まわりを巻き込む力がある
  • ビジョンを明確にすることで共感され、人は動いてくれる
  • 短くキャッチーな言葉は心をつかむ

〜お悩み相談受付中〜
  • 自分を変えたくて何か行動したい
  • 一人で生きる力をつけるためにビジネスを学びたい
  • 恋愛や対人コミュニケーションに悩んでいる

 

かがり
かがり
もしこんな悩みがあるなら、同じ悩みがあって悩んでいた僕がお話お聞きします

誰よりも失敗と挫折をしているので、お力になれるかもしれません。

とはいえ暇ではないので、「今を変えたい」という強い気持ちがある方だけでお願いします↓↓

友だち追加

TwitterのDMでも構いません。

アンケートに答えて頂けると、返信がスムーズです。