ビジネス

書評『世界中の億万長者がたどりつく心の授業』Nami Barden/河合克仁

今回紹介する本は、こちら。

『世界中の億万長者がたどりつく心の授業』Nami Barden・河合克仁

この本を3行で(概要)

・ どれだけ大成功をおさめても、自分の心と向き合わないと穏やかには生きられない

・心に起きる全てのことは自分の問題であり、自分の「在り方」に目を向けることでそれは解決できる

・「自分が本当は何に執着しているのか?」の正体に辿り着くことができれば、自然とそれを手放すことができる

この本で得られるスキル

心を「苦悩の状態から、美しい状態に戻す」方法を学べます。

心のもつれを根元から解消できるので、即効性と持続性があり、心を美しい状態に戻すことができます。

こんな人にオススメ

・失敗を恐れている

・自分より成功している人が羨ましい

・自分に自信がない

著者紹介

著者は、Nami Bardenさんと、河合克仁さんです。

Nami Barden

Nami Bardenさん。

様々なバックグランドを持つ方のニーズに合わせた、セミナー講師&個人カウンセラーとして活躍されています。

画像はNami BardenさんのWebメディア、『Living in a Beautiful State』より引用。

河合克仁

河合克仁さん。世界中を飛び回る起業家で、筑波大非常勤講師をされています。

画像は河合克仁さんのTwitter(@kawai_edu)プロフィール画像より引用。

 

この本の主張とその理由

主張

どんなにお金を稼いでいる経営者・投資家・起業家でも、

どんなに愛するパートナー、親、子どもなどがいる幸せな家庭を持っていても、

自分の心に張り付いている「執着の鎧」を剥がさなければ、真の満足感を得ることはできない。

 

これがこの本の主張です。

主張の理由

なぜなのか?本書には次のように書いてあります。

自分の本心に向き合うことなく日々を過ごして行くと、ますます結果やお金に執着をしてみたり、お酒やドラッグ、また刹那的な快楽にのめり込んだりします。

また、じっとがまんを続けた結果、最後にはがまんが効かなくなり爆破する、心身が負荷に耐えきれず病に倒れてしまう……といったことが起きてしまうのです。

Nami Barden・河合克仁、『世界中の億万長者がたどりつく心の授業』、すばる舎、2019、27頁より引用

 

また、人は「こうあるべき」という自分の理想を掲げていて、それと現実との間にギャップが起きると苦悩の状態に入り、ネガティブな感情が発生してしまうようです。

具体例

では、美しい心の状態にするには、どうすればいいのか?

本書では、「苦悩の解消に必要な4ステップ」として、次の方法を紹介しています。

  1. 気づく
  2. 観察する
  3. 苦悩の正体を知る
  4. 正しい行動を考える

 

このステップ通りに進めていけば、心のネガティブな感情を解消できると言っています。

簡単にそれぞれ解説します。

1. 気づく

「あれ?今自分の心が苦しいぞ?」と気づくことです。

実は、起きた事実が苦悩を作っているのではなく、自分が執着している理想像が苦悩を作り出しています。

感情は何かを経験したときに生まれる副産物であり、「感情=あなた」ではありません。

 

自分の心を客観的に見つめることができたら、このステップ1はOKです。

2. 観察する

苦悩の状態にあるとき、頭の中では様々な考えがぐるぐると回っています。

次に、頭の中にある「心の声」を観察します。

次のように、セリフ調にすると見つけやすいです。

 

「なんで俺ばかり…」

「アイツだけずるい」

「俺ダサいなあ」

 

15個見つけるのを目標にします。

このときの注意点としては、その思考を評価したり、考え込んだりしないことです。

自分の深層心理、深層意識を表面化する作業なので、あくまで観察者として見つけてください。

3. 苦悩の正体を知る

ステップ2の心の声の、何パーセントが「自分中心の意識から生まれたか」を確認します。

「私が」「自分が」と主張しているもの、「他人」の非を責めているものは、自分中心の意識から生まれた声です。(ほとんどは自分中心の声になります)

 

そしてその声を分析して、「自分はどんな理想像を持っているのか」を考えてみましょう。

それが特定できたとき、理想像を手放すことができます。

4. 正しい行動を考える

理想像を手放せたら、正しい行動を取ることを考えるのが最後のステップです。

 

正しい行動とは、

『自分中心の意識から離れて、周りを視野に入れた行動や、自分が本来やりたいと思っていることについての行動のこと』です。

自分が本当にすべきことは何なのか?

 

これを考えてみましょう。

反論

正直、上記の4つのステップを見るだけでは、難しいし、よく分かりませんよね。

でも、著者も最初はこの4ステップに1時間かかっているようなので、大丈夫です!

難しいのが普通だと思ってください(笑)

 

本書では、著者の実際のクライアントの例をいくつも挙げているので、非常に参考になります。

「1時間以上考えてみたけどわからない…」という方は、実際に購入してみるのをオススメします。

行動ベースへの落とし込み

実際に、「苦悩の解消に必要な4ステップ」をやってみましょう。

最近「イラっと」したこと、心が乱されたことを思い出し、4つのステップをやってみましょう。

あなたが無意識で執着している理想像から、離れることができるかも知れません。

まとめ

  •  どれだけ大成功をおさめても、自分の心と向き合わないと穏やかには生きられない
  • 心に起きる全てのことは自分の問題であり、自分の「在り方」に目を向けることでそれは解決できる
  • 「自分が本当は何に執着しているのか?」の正体に辿り着くことができれば、自然とそれを手放すことができる

〜お悩み相談受付中〜
  • 自分を変えたくて何か行動したい
  • 一人で生きる力をつけるためにビジネスを学びたい
  • 恋愛や対人コミュニケーションに悩んでいる

 

かがり
かがり
もしこんな悩みがあるなら、同じ悩みがあって悩んでいた僕がお話お聞きします

誰よりも失敗と挫折をしているので、お力になれるかもしれません。

とはいえ暇ではないので、「今を変えたい」という強い気持ちがある方だけでお願いします↓↓

友だち追加

TwitterのDMでも構いません。

アンケートに答えて頂けると、返信がスムーズです。