未分類

ログを取れば行動が変わる?継続のための自分マネジメント術!

毎年の健康診断ってやっていますか?

同じ病院で検査を受けていると、診断結果が印刷された紙に、去年の自分のデータが載っていますよね。

 

「去年より体重増えちゃったなー」

「血圧はそんなに変わらないなあ」

 

こんなふうに、記録というのは自分を客観視でき、その後の自分の行動を改めるきっかけにもなります。

 

もっと身近なところで言えば、仕事なら売上の推移、学校ならテストや成績、スポーツやゲームのスコアなど。

数字で示されると物事の把握がしやすくなり、次にどんなことをしたら良いのかが分かるので、行動へとつながりやすいのです。

 

これは、何か継続したいことがあるときにも、メンタル面で有効に作用します。

この記事では、ログを取るメリットと、ログの取り方について説明します。

こんな人にオススメ

・何か継続したいことがある

・モチベーションを保ちたい

・時間管理をしたい

・目の前のことに流されたくない

ログを取る3つのメリット

何かを継続するにあたって、ログを取るメリットは主に3つあります。

  1. 自分の努力が可視化され、モチベーションが上がる
  2. 昨日の行動できた自分が確認でき、今日を頑張る励みとなる
  3. 自分の失敗パターンを分析できる

 

それぞれ詳しく説明します。

1. 自分の努力が可視化されモチベーションが上がる

基本的に、他人はあなたの隣に常に居るわけじゃないので、過程は分からず結果しか見れません。

結果で人は判断され、あなたの努力は結果でしか、他人に証明できないわけです。

 

とは言っても、あなたはあなたが努力していることを知っています。

努力は孤独との闘いです。

結果が出るまでずっとそれを証明できないのは、非常に辛いことです。

 

しかし、ログを取ればそれはちょっとだけ変わります。

ログを取るというのは、つまり努力の数値化・過程の数値化です。

 

「努力」という実体の無いもやもやしたイメージのもの。

それを数値化することで、ハッキリと認識し、捉えることができるようになります。

 

するとどうなるかと言うと、「努力」が形あるものに変化し、自分で自分に証明しやすくなるのです。

今日の努力を、明日の自分に証明することができるようになります。

数値化されることで、ゴールまで確かに進んでいることを実感でき、モチベーションはかなり上がります。

 

もちろん、結果ではないので、まだ他人に証明はできません。

他人からすれば、自称でしかないものであり、もしかしたら嘘かも知れないからです。

でも、別に自分で自分に証明する必要はないので、それでいいわけです。自分に嘘はつけませんからね。

 

自分のモチベーションアップのために、自分の努力を数値にして可視化する。

これはかなり効果あるので、ぜひ試してほしいです。

(ログの取り方は後述します)

2. 昨日の行動できた自分が確認でき、今日を頑張る励みとなる

どうしても、やる気が出ないときってありますよね。

 

「なんかダルい」

「気持ちが上がらない」

「休んでしまおうかな」

 

そんなときには、ログを見ると行動できることがあります。

昨日の自分の努力を、目で見て確認するのです。

 

「昨日は○時間も頑張ったのか〜」

「昨日の俺すごいわー」

 

すると眺めているうちに、「しょうがない、今日もがんばるか」という気持ちになるのです(笑)

明日の自分にドヤ顔するために、今日頑張る。

そんなふうに考えてみると楽しいかも知れません(笑)

3. 自分の失敗パターンを分析できる

2〜3ヶ月分のログが溜まってくると、「なぜか行動できなかった日、行動量が少なかった日」というのが、何日か出てきます。

 

そう言う日があったら、スケジュール帳やラインなどをさかのぼって、何があった日なのかを確認してみましょう。

何かしらの共通点が見つかるかも知れません。

 

そしてその共通点は、あなたの失敗パターンである可能性が高いです

 

例えば、飲み会があった日に、あまり行動できていないことが分かったとします。

すると、「1杯だけ減らして飲むようにする」、「二次会には行かないようにする」など、今後それを繰り返さないための予防策が打てるわけです。

 

自分の失敗パターンが分かるというのは、今後の人生での大きな財産となります。

終電の電車の中で、酔っ払って座席に倒れ込んで寝ている人とかいますよね。

何十年も生きていても、自分の失敗パターンが分からず、自制ができない大人はたくさんいます。

 

ログを取ることは、小さい自分史を作るようなものです。

ログを取ると、自分をかえりみることができるので、自制心を鍛えることにもつながります。

非常に有用なライフハックなので、ぜひ試してみてほしいです。

ログの取り方

ログの取り方を説明します。

エクセルでシートを作ってもいいのですが、そもそもシートを管理できるくらいなら、最初からできてますよね(笑)

 

僕はこの、「Taskuma」という有料のアプリを使っています。

簡単に言えば、家計簿ってありますよね?

あれの時間版です。時間簿ですね。

 

自分が何かの行動をするたびに、それを記録するのです。

記録と言っても、「勉強」など、行動の内容を簡単に入力して、後は始めと終わりにスマホをタップするだけです。

少し最初の設定に時間がかかりますが、一度設定してしまえば後は楽です。

 

アプリはこんな感じの画面です↓

たすくま画面

これの良いところは、ログが取られてしまうので、「見られている」感じがするところです。

一人でカフェにいるような感じですね(笑)

 

ログを取ると、自分が何にどれくらいの時間を使っているかが視覚化されます。

頑張ったら、それが視覚化されるので励みになるのです。

 

また1日の終わりに、自分宛てにメールでレポートを送れます。

それを翌日の朝に僕は確認していて、「昨日はどれくらい行動できたか?」を見ています。

 

Googleカレンダーと連携すると、こうなります↓

たすくまカレンダー

3600円という高額なアプリですが、これで自分の時間の使い方が分かり、自分を変えられるのだとしたら安いものです。

 

たすくまの設定は、こちらのサイトを参考にしました。

良ければ導入してみてください。マジで変わりますよ?(笑)

まとめ

  • 自分の努力が可視化され、モチベーションが上がる
  • 昨日の行動できた自分が確認でき、今日を頑張る励みとなる
  • 自分の失敗パターンを分析できる
誘惑に負けないための3つの取り組み
【作業用】誘惑に打ち勝て!!誘惑に負けないための3つの取り組み勉強や仕事など、何か作業をしているときに、ついつい他のことをしてしまうことってありますよね。 「スマホを見てしまったり」 ...
習慣化成功の後に待ち構える1つの罠
思考停止に注意!1ヶ月以上何かを継続できた後に待ち構える1つの罠何か頑張っていることがあって、1ヶ月以上継続できているものってありますか? もし1ヶ月以上、毎日欠かさず行動することができているの...
嘘つきになる未来を回避しろ!
「嘘つき」になる未来を回避しろ!目標を達成するためのドMのススメあなたが、小学生だったときを思い出してみてください。 運動会のときに、「選手宣誓」というのがあったのを覚えていますか? こん...
〜お悩み相談受付中〜
  • 自分を変えたくて何か行動したい
  • 一人で生きる力をつけるためにビジネスを学びたい
  • 恋愛や対人コミュニケーションに悩んでいる

 

かがり
かがり
もしこんな悩みがあるなら、同じ悩みがあって悩んでいた僕がお話お聞きします

誰よりも失敗と挫折をしているので、お力になれるかもしれません。

とはいえ暇ではないので、「今を変えたい」という強い気持ちがある方だけでお願いします↓↓

友だち追加

TwitterのDMでも構いません。

アンケートに答えて頂けると、返信がスムーズです。