ビジネス

【書評】『すべては「前向き質問」でうまくいく 質問思考の技術』マリリー・G・アダムス

今回紹介する本は、こちら。

『すべては「前向き質問」でうまくいく 質問思考の技術』マリリー・G・アダムス

この本を3行で(概要)

・自分の身に起こったことから、何かを「学ぶ気持ち」を持つのが大事

・自分に『何が起こるか』は選択できないが、起きていることに対して自分が『何をするか』は選択できる

・「学ぶ人」の状態のとき、人は大きな成果を出すことができる

この本で得られるスキル

何か、悪い状況が起きたとき、

「前向きに対処するための思考法」を得ることができます。

こんな人にオススメ

・現実が上手くいってない

・うんざりしたり、愚痴を言うことが多い

・行き詰まっている現状を変えたい

著者紹介

著者は、マリリー・G・アダムスさん。

エグゼクティブ・コーチ、および企業の

コンサルティングをされている方です。

 

前向き質問を使った思考法は、

国防大学、NASAなどで採用され、

目覚ましい効果を上げています。

この本の主張とその理由

主張

『問題を解決する一番良い方法は、

優れた質問を考えること』

というのが、本書の主張です。

主張の理由

例えばなにか、

問題が起こってしまったとします。

 

そんなとき、あなたは頭の中で、

次のうちどちらの質問をしていますか?

 

A. 「なんでこんなことが起きてしまったのだろう?」

B. 「なにをしたら上手くいくだろう?」

 

あなたの頭の中で作られる質問は、

「決定」や「行動」の元となり、

やがて結果へと至ります。

 

だから、

良い質問を考えられるようになると、

自然と良い結果になるよね。

 

というのが本書の主張です。

具体例

では、何か悪い状況が起こっているとき、

良い質問を考えるには

どうしたら良いのか?

 

本書では、次の『A-B-C-Cプロセス』

が紹介されています。

 

A-B-C-Cプロセス

 

Aware(気づく)

→私は「批判している」だろうか?

 

 

Breathe(深呼吸する)

→もっと状況を、客観的に見る必要がないだろうか?

 

 

Curiosity(好奇心をもつ)

→私は事実をすべて知っているのだろうか?

 

 

Choose(選択する)

→私はなにを選択したら良いだろうか?

 

このプロセスでモノを考える

ということです。

 

 

例えば、

「上司にもっと早く仕事をしろと怒られた」

ということが起こったとします。

 

「こっちの苦労も知らないくせに…」

とか思いますよね(笑)

 

そのときに、まずは「気づく」ということです。

「あ、今批判しちゃってるな」

というふうに。

 

 

この「気づく」が一番重要です。

 

ここで気づけないと、感情に流されてしまい、

状況は変わらないばかりか、

さらに悪くなる恐れもあります。

 

「気づき」ができたら、

次は「深呼吸」です。

 

ここで心を落ち着かせ、

少し遠くの視点から見てみようと

考えるのです。

 

 

「深呼吸」の次は、「好奇心」です。

『自分はすべての事実を知っているのか?』

を考えてみます。

 

  • 実は、やらなくていい仕事をしているのではないか?
  • 本当はもっと、効率的にできるのではないか?
  • 誰かに任せてもいいのではないか?
  • 上司が同じ仕事をするとしたら、どんな段取りでするのだろう?

 

こんなことが、思いついたりします。

 

 

最後に、「選択」です。

「もし上司だったら、どうやって処理するのか」

これを聞いてみよう!となるわけです。

 

 

どうでしょう?

 

最初の、

「こっちの苦労も知らないくせに…」

という「批判する人」から、

 

「もし上司だったら、どうやって処理するだろう?」

という「学ぶ人」へと変わりました。

 

批判する人と学ぶ人。

どっちがこの先の未来で、

仕事で成果を出していくのか?

 

答えは分かりますね?

反論

ある状況が起こって、

自分の批判する気持ちに気づき、

深呼吸まではできる。

 

でも、

「自分がすべての事実を知っているかどうか」

を考えるのは、少し難しいですよね。

 

なんせ、

知らないことを知ろうとするわけですから(笑)

 

でも大丈夫です!

本書では、そんなときに問いかけるべき、

「学ぶ人の質問リスト」があります。

 

<学ぶ人の質問>

  • なにをしたら、上手くいく?
  • なにに責任をもって考えればいい?
  • 事実はどういうこと?
  • 全体の見通しを考えたらどうなる?
  • どんな選択ができる?
  • この件で役立つことはなに?
  • この件から私はなにを学べるだろうか?
  • あの人はなにを考え、なにを感じ、なにを必要としているのかな?
  • 今できることはなに?

 

これらの質問に答えることで、

現状を変えるためのヒントが見つかります。

行動ベースへの落とし込み

ではさっそく、試してみましょう!

一番最近、あなたが批判してしまったこと。

これを思い出してみてください。

 

それを、

先ほどの「学ぶ人の質問リスト」に照らし合わせ、

学ぶ人の視点で考えるとどうなるか?

 

これを考えてみましょう!

次同じことが起きたとき、

違う結果になるかも知れませんよ!

まとめ

  • 自分の身に起こったことから、何かを学ぶ気持ちを持つのが大事
  • 自分に何が起こるかは選択できないが、起きていることに対して自分が何をするかは選択できる
  • 「学ぶ人」の状態のとき、人は大きな成果を出すことができる

無料講座:7日間メルマガ動画セミナー

継続・モチベーション維持悩んでいる方向けに、

メルマガ動画セミナーを作りました!

 

詳細はこちらです。

メルマガの登録・解除はこちら↓

【7日間メルマガ動画セミナー】

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前
  • お名前、またはニックネームを入力してください

 





最初のメールは、登録後すぐに届きます!

届いていない場合は、”迷惑メール”に振り分けられている可能性が高いので、迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。

振り分けられてしまった場合の解除方法は、こちらです。