ビジネス

書評『自己肯定感の教科書』中島輝

今回紹介する本は、こちら。

『自己肯定感の教科書』中島輝

この本を3行で(概要)

・病に対する自己回復力があるように、心の揺れに対しても人は回復する力を持っている

・「ネガティブな考え=わるい」ではなく、それをどう解釈するか?が大事。この解釈の仕方に自己肯定感が強く影響する

・自己肯定感には6つの感情の変動が関係している

この本で得られるスキル

「何があっても大丈夫」と思えるようになります。

大きな視点で物事を見て、心にゆとりが持てるようになります。

こんな人にオススメ

・最近、何となくうまくいってない

・何が原因かわからないけど、モヤモヤした気持ちが消えない

・些細なことで傷ついたり、怒りが湧いてくる

著者紹介

著者は、中島輝さん(@nakashima_teru

心理カウンセラーです。

 

Jリーガー、上場企業の経営者など、15,000名を超えるクライアントにカウンセリングを行い、回復率95%、6ヵ月800人以上の予約待ち。

「奇跡の心理カウンセラー」と呼ばれ、上場企業の研修オファーも殺到しているという、凄い方です。

この本の主張とその理由

主張

人生は「自己肯定感」で決まる!

というのが、この本の主張です。

主張の理由

「自己肯定感」とは、自分が自分であることに満足し、自分は価値ある存在だと受け入れられること。

そしてそれは、物事の考え方や行動力、判断力に強い影響を与える。

 

自己肯定感を高めることで、物事を前向きに解釈し、気持ちが安定し、積極的に行動することができる。

そのため、自己肯定感で人生は決まる、と主張しています。

具体例

次の6つの感情の変動が、自己肯定感に強く関係しています。

6つを簡単に紹介します。

  1. 自尊感情:自分には価値があると思える感覚
  2. 自己受容感:ありのままの自分を認める感覚
  3. 自己効力感:自分にはできると思える感覚
  4. 自己信頼感:自分を信じられる感覚
  5. 自己決定感:自分で決定できるという感覚
  6. 自己有用感:自分は何かの役に立っているという感覚

 

これらの6つが育つことで、あなたらしい人生を実現できると著者は言っています。

本書では、6つのうちどこが低くなっているのか、チェックシートや、それぞれに対する対策についても書かれています。

例えばこんな感じ↓


最近なんとなく「上手くいってない…」と思っている方は、本書を買って実践してみるといいのではないでしょうか。

反論

「自己肯定感が大事なのは分かったけど、まだそんな気になれない…」という方もいますよね。

僕もうつ病で半年間ベッドで寝込んでいたので、非常によく分かります。そしてまだ完全には治ってないw

 

もうこの記事をここまで読んでいるだけで偉いです!最高です!

ちょっとずつでOKです。前向きになれる気持ちになってからで大丈夫ですよ。

何か相談とかあれば、TwitterのDMで気軽に話しかけてくださいね。

行動ベースへの落とし込み

ではさっそく、セルフハグしてみましょうか!

8秒間がいいらしいです。

 

僕は今、やりました!図書館で周りに人いましたが、やりましたよ!笑

自己肯定感を高めて、あなたらしい人生を送っていきましょう。

まとめ

  • 病に対する自己回復力があるように、心の揺れに対しても人は回復する力を持っている
  • 「ネガティブな考え=わるい」ではなく、それをどう解釈するか?が大事。この解釈の仕方に自己肯定感が強く影響する
  • 自己肯定感には6つの感情の変動が関係している

無料講座:7日間メルマガ動画セミナー

継続・モチベーション維持悩んでいる方向けに、

メルマガ動画セミナーを作りました!

 

詳細はこちらです。

メルマガの登録・解除はこちら↓

【7日間メルマガ動画セミナー】

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前
  • お名前、またはニックネームを入力してください

 





最初のメールは、登録後すぐに届きます!

届いていない場合は、”迷惑メール”に振り分けられている可能性が高いので、迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。

振り分けられてしまった場合の解除方法は、こちらです。