ビジネス

【書評】『僕たちはどう伝えるか』人生を成功させるプレゼンの力 中田敦彦

今回紹介する本は、こちら。

『僕たちはどう伝えるか』人生を成功させるプレゼンの力 中田敦彦

この本を3行で(概要)

・「何」を伝えるかより、「どう」伝えるかが重要

・「短く・簡単」こそが、聞き手に対する思いやりとなる

・言葉は一つの技にしか過ぎず、プレゼントとは「表現の総合格闘技」

この本で得られるスキル

プレゼンについての、大事な考え方を学ぶことができます。

テクニックというよりは、マインド寄りの内容になっています。

 

題名通り、「伝え方」の本です。

何かしら発信活動をしている方には、オススメできる本です。

薄くて文字も大きいので、30分くらいでサクッと読めます。

こんな人にオススメ

・人前で話す機会が多い

・人に伝わる話し方が知りたい

・プレゼンが上手くなりたい

著者紹介

著者は、中田敦彦さん(@AtsuhikoNakata

ご存知、お笑いコンビ、オリエンタルラジオの方ですね。

慶應義塾大学の経済学部を卒業し、在学中にお笑いコンビを結成しデビューされています。

 

NHK紅白歌合戦出場、第58回日本レコード大賞・企画賞受賞。

また、今年の4月からは青山学院大学の客員講師に就任と、普通に凄い方です(笑)

この本の主張とその理由

主張

人生は、夢や願望というゴールに向かうために、常に誰かの協力や理解を必要とする。

それを叶えるのが、「プレゼン」である。

主張の理由

人類は、素早さではサルに劣り、力はゴリラに劣る。

ではなぜ地球を支配できたのか?

それは、頭が良いからではなく、厳密には「連携する」ことができたから。

 

仲間を作り、組織を作る。

仲間と連携すると数千倍の力を発揮する、地球最強の群体生命体が人類。

 

「連携」=「伝達能力」=「プレゼンテーション」

多様な価値観が混じり合う時代、生き残るには以心伝心ではなくプレゼンの力が必要。

プレゼンの力があれば自分より圧倒的に優れた才能に勝てる!

 

というのが、著者の主張です。

具体例

僕が特に良いと思った箇所を、紹介します。

 

1. 専門用語と気取ったカタカナ語は絶対に使わない

プレゼンを準備する際、「長い」「難しい」の罠があります。

 

「長い」は、「満足してもらえないかも知れない」という自信の無さから。

「難しい」は、「知らない人にも分かってもらおう」という配慮をするのは大変だからです。

 

例えば、次の文を読んで見みてください。

「WebメディアとSNSの運用をしていて、O2Oでセミナーもやってます」

 

これ、難しくてよく分からないですよね(笑)

要は、「Twitterとブログやってて、勉強会とかもしてるよ」ってことです。

 

なぜ難しい言い方がダメだと言うと、聞き手に劣等感を与えてしまうから。

言葉の意味が分からなくて劣等感を感じると、聞き手の心が離れてしまいます。

だから、日常的に浸透している言葉を使うべき、と著者は言っています。

 

2. 大事なところは小声で

プレゼンで人の心を掴む技術として、

  • 声量に強弱
  • スピードに緩急をつける

の2点が最重要だと著者は言っています。

 

一見、「大事なところは大きな声で言うべき」だと考えがちだが、大きな声で引けるのは注意だけ。

小さな声こそ、本当に重要な内容として、人の耳に届きます。

 

まずは大きな声でスピード感を持って喋り、引きつける。

そのあと、小さな声でゆっくり一言言って、内容を届ける。

これが唯一にして究極の奥義だと言っています。

 

例えば、この動画を見てください↓

序盤から中盤まで高速でラップをして、盛り上げます。

そこから一瞬の沈黙のあと、静かに一言、「I’m a perfect human.」と言っています。

内容が届くのが分かりますよね!

反論

「それが難しい言葉かどうかどう判断すればいいの?」

という意見もあると思います。

 

一番簡単に判別する方法は、「それは小学生でも分かる言葉か?」で考えると良いと思います。

業界では当たり前の言葉って、他業界の人からすると全く分からないんですよね(笑)

 

あなたの目的は、「難しい言葉を使ってカッコつけること」でも、「なんかちゃんと喋っている感を出すこと」でもありませんよね?

「この内容は聞き手に伝わるか?」を一番に考えていきましょう。

行動ベースへの落とし込み

ではさっそく、伝え方を変えてみましょう!

人に何かを話す場で、「専門用語は使っていないか?」、「スピードと声量の緩急はつけているか?」

この2点をチェックするだけでも、かなり結果が変わってくるはずです。

僕も今日更新するYouTubeでは、緩急の意識をつけたいと思います!

まとめ

  • 「何」を伝えるかより、「どう」伝えるかが重要
  • 「短く・簡単」こそが、聞き手に対する思いやりとなる
  • 言葉は一つの技にしか過ぎず、プレゼントとは「表現の総合格闘技」

〜お悩み相談受付中〜
  • 自分を変えたくて何か行動したい
  • 一人で生きる力をつけるためにビジネスを学びたい
  • 恋愛や対人コミュニケーションに悩んでいる

 

かがり
かがり
もしこんな悩みがあるなら、同じ悩みがあって悩んでいた僕がお話お聞きします

誰よりも失敗と挫折をしているので、お力になれるかもしれません。

とはいえ暇ではないので、「今を変えたい」という強い気持ちがある方だけでお願いします↓↓

友だち追加

TwitterのDMでも構いません。

アンケートに答えて頂けると、返信がスムーズです。