ビジネス

【書評】『マンガでやさしくわかる 成功するNLP就活術』山崎啓支

今回紹介する本は、こちら。

『マンガでやさしくわかる 成功するNLP就活術』山崎啓支

この本を3行で(概要)

・ NLP(神経言語プログラミング)とは、言語学+心理学のこと。コミュニケーション、能力開発、心理療法などに役に立つ技法の1つ

・意識には5つのレベルがあり、それぞれ上位から順に、「アイデンティティ」「信念・価値観」「能力」「行動」「環境」。上位レベルが下位レベルに大きく影響するため、NLPでは上位レベルを変えて現実を変えることを目指す

・「強烈な体験」と「繰り返し」を意識してモデリング(真似)し、自分のイメージを変える

この本で得られるスキル

新たな視点での自己分析ができ、本当の自分に出会うことができます。

こんな人にオススメ

・就活が上手くいっていない

・コミュニケーションが苦手

・心理学に興味がある

著者紹介

著者は、山崎啓支さん。

経営コンサルタント会社→2002年にNLPラーニング社を設立。

NLP資格認定コースと、NLPを応用したコミュニケーション、コーチング、リーダーシップ、目標管理、ストレスマネジメントなど多彩なテーマのセミナー・企業研修を行う。

この本の主張とその理由

主張

人はなりたい自分になれる。

主張の理由

自分が抱いているイメージが変われば、事象に対する反応が変わる。

反応が変われば、行動や結果が変わり、現実を変えることができる。

具体例

例えば、人は「自分自身」と「自分ではないもの」を結びつけて、自分のアイデンティティーにしてしまい苦しんでいることがある。(同一化)

そんなとき、事象とイメージを切り離すだけでも、思い込みが外れ、精神的に楽になることができる。

 

例)自分にはコミュニケーション能力がない

→でも実際には、家族や数人の友達とは普通に話せる

→つまり、「コミュニケーションが苦手な人と苦手ではない人がいる」ということ

→言語化するだけで、「コミュニケーション能力がない」という真っ黒なイメージが、変化する

反論

マインドの話なので、人によっては取っつきにくい分野ですよね。

少し前の僕ならそう思っていたので、わかります(笑)

 

要は、意識的に自分の無意識を変えることで、意識の部分(現実に影響することが多い)を変えようということです。

最初は、ユニークな自己分析の手段の1つ、くらいに考えてみるのがいいのではないでしょうか。

本書は漫画なので、気軽に読めます。

まとめ

  •  NLP(神経言語プログラミング)とは、言語学+心理学のこと。コミュニケーション、能力開発、心理療法などに役に立つ技法の1つ
  • 意識には5つのレベルがあり、それぞれ上位から順に、「アイデンティティ」「信念・価値観」「能力」「行動」「環境」。上位レベルが下位レベルに大きく影響するため、NLPでは上位レベルを変えて現実を変えることを目指す
  • 「強烈な体験」と「繰り返し」を意識してモデリング(真似)し、自分のイメージを変える

〜お悩み相談受付中〜
  • 自分を変えたくて何か行動したい
  • 一人で生きる力をつけるためにビジネスを学びたい
  • 恋愛や対人コミュニケーションに悩んでいる

 

かがり
かがり
もしこんな悩みがあるなら、同じ悩みがあって悩んでいた僕がお話お聞きします

誰よりも失敗と挫折をしているので、お力になれるかもしれません。

とはいえ暇ではないので、「今を変えたい」という強い気持ちがある方だけでお願いします↓↓

友だち追加

TwitterのDMでも構いません。

アンケートに答えて頂けると、返信がスムーズです。