ライフハック

【保険と年金】退職したら14日以内にしなければならない2つのこと

かがりくん
かがりくん
会社辞めてニートになった!
タレ目ちゃん
タレ目ちゃん
ニートになるにも手続きが必要なんだよね

 

会社を辞めてニートになるにも、役所へ届け出が必要になります。

この記事では、これからニートになるあなたへ、先輩ニートの僕が最低限しなければならない手続きを、簡単に説明します。

こんな人にオススメ

・転職先が決まっていない状態で会社をやめる

・会社勤めだけどニートになる予定がある

最低限やらなければならない2つのこと

最低限やらなければならないのは、「保険」と「年金」の切り替え手続きです。

具体的には、次の2つです。

 

  1. 「社会保険」→「国民健康保険」への切り替え
  2. 「厚生年金」→「国民年金」への切り替え

 

引っ越しのときなどと同じで、これは「14日以内にしなければならない」ことになっています。

 

特に保険の切り替えは重要です。

保険証が無い状態で病気になった場合、病院の治療費が全額負担になってしまうので、すぐに済ませてしまうことをオススメします。

役所へ行く前に用意する3つのもの

役所へ行く前に、次の3つを用意して下さい。

  1. 年金手帳
  2. 離職票
  3. 健康保険資格喪失証明書

 

あとは、運転免許証やマイナンバーなどの身分証明書と、念のため印鑑を持っていけばOKです。

1. 年金手帳

年金手帳は、これですね。

年金手帳

2. 離職票

離職票は、これです。

会社が用意してくれます。

離職票

3. 健康保険資格喪失証明書

長い名前の、「健康保険資格喪失証明書」はこれです。

これも会社が用意してくれます。

健康保険資格喪失証明書

免除も!? 役所で聞いておくべき2つのこと

これは個人の事情によってなので、詳細は役所で聞いて頂きたいのですが、退職理由や経済状況によっては減免が受けられます。

 

  • 保険→「国民健康保険料(税)の軽減」
  • 年金→「国民年金保険料免除・納付猶予」

 

今は役所も親切なので、教えてくれると思います。

僕は調べてから行きましたが、こちらから言う前に、役所のお姉さんの方から尋ねてくれました。優しい!

 

こんな書類です。

国民年金保険料免除

面倒だとは思いますが、これで数万円が節約できると思えば、生活が楽になります。

すぐに行動しましょう!

 

僕は朝9時ぴったりに役所に行ったので、「保険と年金の切り替え+免除手続き」の全てが、20分で終わりました。

空いている時間に行って、サクッと終わらせてしまいましょう!

まとめ

退職したら14日以内に役所で2つの手続きをする
  1. 「社会保険」→「国民健康保険」への切り替え
  2. 「厚生年金」→「国民年金」への切り替え

※減免・免除の対象になるか、必ず確認する