ビジネス

【書評】『俺か、俺以外か。 ローランドという生き方』ROLAND

今回紹介する本は、こちら。

『俺か、俺以外か。 ローランドという生き方』ROLAND

どんな本?

ホスト界の帝王、ROLANDさんの、

自伝的な位置付けの本です。

 

出版社の編集部の方が、

過去にROLANDさんが言った「名言」を取り上げ、

 

それについてROLANDさんが回答する

という体裁になっています。

 

ROLANDさんの過去、考え方、

生き方、美学が痺れる一冊となっています。

こんな人にオススメ

・自分の人生に悩んでいる

・将来やりたいことがない

・ホストの帝王がどんな考えを持っているか興味がある

著者はどんな人?

著者は、ROLAND(ローランド)さん。

ホストであり、ファッションモデルであり、

タレントでもあり、実業家でもあります。

 

3つの株式会社の、代表取締役社長です。

大学を入学してすぐに中退し、18歳でホスト界へ。

圧倒的な成果を出し、21歳で史上最高額の移籍金で移籍。

 

25歳で、移籍先のグループ取締役に就任されています。

2018年7月のバースデーイベントでは、

6000万円以上の売上を上げ、グループ歴代売上最高記録保持者へ。

 

2019年の1月に独立し、

美容品のプロデュース、アパレル事業、

メンズ美容サロンオーナーなど、実業家として活躍中です。

 

……

 

華やかな面だけを書きましたが、

ROLANDさんの挫折や失敗談も、

本書では包み隠さず語られています。

 

こちらの動画で、雰囲気は掴めるかと。

この本の結論

「世の中には二種類の男しかいない。

 俺か、俺以外か」

 

本書には数々の名言が挙げられていますが、

全ての原点はここにあります。

 

あなたはこのセリフが言えますか?

具体的には?

ROLANDさんは、小学生のときから

このセリフを頻繁に使っていたそうです。

 

「この学校には二種類の生徒しかいない、

 俺か、俺以外か」

 

ROLANDさんは、

「○○系」や「○○タイプ」など、

カテゴライズされることが絶対に嫌だったと述べています。

 

普通の人は、カテゴライズされることに、

安心感を覚えるんですよね。

 

それは、所属の欲求だったり、承認欲求だったりします。

 

自分は共同体の仲間だと。

だから認めてくれと。

 

友達が欲しい、彼女が欲しい、肩書きが欲しい。

僕もずっとそう思っていました。

 

でもROLANDさんは、その楽な道を選びません。

 

どんなに楽で、居心地が良くても、

「俺以外」として生きていくのは嫌だ

と語っています。

 

 

特別な存在でいるためには、必要なものがあります。

  • 努力
  • 勇気
  • 孤独

などです。

 

言葉では簡単に言えますが、

ROLANDさんも、苦しい過去があって、今があります。

 

『きつくても、つらくても、どんな犠牲を払ってでも、

 唯一無二の「俺」でいたい』

 

本書では、このような痺れる言葉と、

「そこにどんな思いがあるのか?」が書かれています。

 

あなたは、自分なりの美学を持っていますか?

持っていないならぜひ、彼の美学を感じてみてください。

行動ベースへの落とし込み

あなたの譲れないものを、

再度確認してみましょう。

 

あなたは何のために生き、何を成し遂げたいですか?

まとめ&感想

  • 「世の中には二種類の男しかいない。俺か、俺以外か」

言葉の一つ一つがめちゃくちゃカッコいいので、

何回も読んで、自分の中に落とし込みたいと思います。

僕もこのセリフを言えるように精進します(笑)

〜お悩み相談受付中〜
  • 自分を変えたくて何か行動したい
  • 一人で生きる力をつけるためにビジネスを学びたい
  • 恋愛や対人コミュニケーションに悩んでいる

 

かがり
かがり
もしこんな悩みがあるなら、同じ悩みがあって悩んでいた僕がお話お聞きします

誰よりも失敗と挫折をしているので、お力になれるかもしれません。

とはいえ暇ではないので、「今を変えたい」という強い気持ちがある方だけでお願いします↓↓

友だち追加

TwitterのDMでも構いません。

アンケートに答えて頂けると、返信がスムーズです。