孫子

【解説】孫子の兵法、計篇。1-2:勢とは、利に因りて権を制するなり

孫子、第1章、第2節。

『勢(せい)とは、利に因(よ)りて権を制するなり』

の解説です。

 

「孫子って何?」という方は、こちら↓

【解説】孫子の兵法、計篇。1-1:兵とは国の大事なり「孫子」って知っていますか? 紀元前500年、大昔の中国に、孫武と呼ばれる軍事思想家がいました。 その人が書いたとさ...

 

さて、今回は短いです。

漢文では、1行半しか書いてありません(笑)

サクッと見ていきましょう!

1-2:勢とは、利に因りて権を制するなり

1-2:勢とは、利に因りて権を制するなり

第1章、第2節の内容を簡単に言うと、

 

「さっき言った「五事七計」の作戦を使ってくれるなら、勝てるよ」

「使わないなら、負けるから俺を将軍にしないでね。ちなみにそのとき俺は国外に逃げるから!」

「で、もし使ってくれて進軍するときは、有利な状況を常に見抜いていこう」

 

こんなことを言っています。

五事七計とは?

五事とは、前回の記事で説明しましたが、次の5つのことです。

 

簡単に言えば、

  1. 道:普段から民衆のための政治が正しく行われていること
  2. 天:天候や気温を知ること
  3. 地:地形や地理を知ること
  4. 将:将軍が能力を備えていること
  5. 法:軍法がしっかり定められていること

となります。

 

七計は、前回説明しませんでしたが、次の通りです。

 

敵国と自国では、

  1. どちらが国民の心を掴んでいるか?
  2. どちらの将軍が能力が高いか?
  3. 天候や地理はどちらが有利か?
  4. 法や命令はどちらがきちんと行われているか?
  5. どちらの兵力が上か?
  6. どちらが兵士の質が上か?
  7. 賞罰はどちらがきちんと行われているか?

 

これが、七計です。

 

 

この「五事七計」を、

骨の髄まで理解している方が勝つ、と言っているのが第1節で、

 

それを採用して進軍したら、常に有利な状況を探っていこう、

と言っているのが、第2節です。

 

つまり、この第2節では、大したことは言ってないのです(笑)

 

「五事七計を使わないなら国外に逃げる」と言っているので、

それだけ大事なものであると、第1節を補強している感じですね。

七計をビジネスに例えると?

七計をビジネスに例えると?

この七計、ビジネスでも例えると、

  1. どちらの会社がまとまっているか?
  2. どちらの取締役・役員が優れているか?
  3. どちらが会社までのアクセスが良いか?
  4. どちらが命令系統や組織体系が整っているか?
  5. 会社の規模、業績、社員数、社内設備はどちらが優れているか?
  6. 社員ごとの能力はどちらが優れているか?
  7. コンプライアンス、昇給・賞与などはどちらが優れているか?

 

といった感じになるでしょうか。

なんだか身近に感じられるのではないでしょうか?

 

これを理解していない段階で、戦ったらダメだよということです。

孫武をコンサルティング会社だと思えば、非常にまともなことを言っていることが分かりますよね。

 

あなたが就活をしている学生なら、ここら辺は調べておいた方が良いかも知れません。

参考になれば嬉しいです。

YouTubeでも話しています。