孫子

【孫子の兵法】計篇:1-4『算多きは勝ち、算少なきは破る』

孫子の兵法、計篇。

第1章、第4節の解説です。

 

第1章、第4節のタイトルは、

『算多きは勝ち、算少なきは破るです。

 

「算」とは、勝算のこと。

 

「五事七計」を使って、敵と自分を比較したとき、

勝算が多ければ戦争に勝ち、勝算が少なければ敗北するよ。

こんなのは実際に戦わなくても分かることだ。

 

そう言っています。

 

孫武の、ゴリゴリの戦略家具合が分かりますね(笑)

 

第1章 第4節はこれしか書いておらず、

この全4節で第1章は終わりです。

 

第1章は、ひたすら「五事七計」の

大切さを説いている章と言えますね。

 

次回からは、第2章の作戦篇に入っていきます。

孫子、思ったより読みやすいので、オススメですよ。