ビジネス

【書評】『ブレインプログラミング』アラン・ピーズ/バーバラ・ピーズ

今回紹介する本は、こちら。

『ブレインプログラミング』 アラン・ピーズ/バーバラ・ピーズ

ご夫婦での共著です。

名前通り外国の方で、累計発行部数は2700万部を超える、大ベストセラー作家!

100ヶ国以上で出版、55の言語に翻訳されているという、ものすごい方々です。

日本では、「話を聞かない男、地図を読めない女」がベストセラーになっています。

この本を3行で(概要)

  • 脳を上手く騙せば、欲しい未来が手に入る
  • 無意識を利用して、自動的に情報を集めさせる
  • プロのスポーツ選手もやっている「目標の視覚化」には絶大な効果がある

この本で得られるスキル

脳の仕組みを利用して、あなたの夢や目標の達成を加速させるための知識を得ることができます。

いわゆる、「引き寄せの法則」関連の本になりますが、スピリチュアル系に抵抗感がある方ほどオススメです!

 

なぜかというと…

ゴリゴリの脳科学の観点から説明してくれているからです!(笑)

僕と同じように、論理的で理屈っぽい傾向がある人にはぜひ読んで欲しい本です。

こんな人にオススメ

・ 叶えたい夢や目標がある

・スピリチュアル系になんとなく抵抗感がある

・自分の未来を変えたいと思っている

著者紹介

著者は、アラン・ピーズ・バーバラ・ピーズご夫婦。

講演家・作家で、この方たちの本を題材に、テレビ番組9シリーズ・舞台4作・映画1作が制作されてしまうほどの人気ぶりです!

 

映画は、観客動員総数「1億人」超え!!

北海道から沖縄まで、日本人全員が映画館に行ったと思うと、その凄さが分かるかと思います(笑)

そんな、圧倒的な結果を出している方の本となっております。

この本の主張とその理由

主張

RAS(網様体賦活系)を上手く活用すれば、自動的に夢が叶う!

と言うのが、この本の主な主張になっています。

 

RASとは、簡単に言えば「脳の一番内側にある神経の集まり」のことです。

あなたがキャッチしたあらゆる情報は、このRASに最初に届きます。

ですが、RASに届いた段階では、あなたは情報を意識できません。

 

実はRASは情報を選別する機能を持っていて、あなたが意識できる情報は、このRASによって決められています。

 

あなたが夢や目標を持っているのは、それが簡単に手に入らないからですよね。

なので、夢や目標について強く意識できなければ、それを叶えるのは難しい、というのは納得できるかと思います。

 

それなら……

 

「そもそも意識するかどうかを選択しているRASを教育して変えちゃえば、夢や目標ってもっと簡単に叶うんじゃね?」

 

というのが、この本の主張であり、引き寄せの法則と呼ばれているものの本質の部分です。

主張の理由

なぜRAS(網様体賦活系)を上手く活用すれば、夢や目標が叶いやすいのか?

それは、あなたが普段取得している情報の「99.999%」は、意識できないからです!

 

脳は、1秒に4億ビットの情報を処理しています。(4000億ビットとも言われています)

「ビット」というのは情報の単位のことで、ローマ字1文字は8ビットです。

 

突然ですが、ここで質問です

 

「あなたは1秒で、4000万文字のローマ字を読めますか?」

 

もう少し分かりやすく言うと、「1秒で400冊の本を読めますか?」

 

無理ですよね(笑)

せいぜい数文字のはずです。

1秒に400冊の本ほどの情報を、意識的に処理しようとすると、頭がおかしくなってしまいます(笑)

 

そのため、あなたがキャッチしている情報のほとんど全ては、「無意識」が処理しています。

あなたが普段の生活で得ている情報の、「99.999%」は、意識できないのです。

 

あなたが意識できる情報は、残りの「0.001%」の情報のみ。

そして、意識と無意識、どっちに情報を振り分けるかを決めるのは、RASという名前の現場監督です。

 

あなたには叶えたい夢や目標がありますよね。

情報を得て、行動して、初めて現実は変わります。

 

あなたの夢や目標に関する情報。

0.001%の方に入れたくないですか?

 

CEOたるあなたが、RASを教育することで、意識できる情報が変化します。

どの情報を、行動や結果に直結する、0.001%の方に振り分けるのか?

 

「これを決めることで、現実が変わってくるよ」

というのが、「なぜRASを活用すれば夢が叶うのか?」の理由です。

具体例

「じゃあ、どうすればRASを変えられるの?」って思いますよね。

ここで、引き寄せの法則でよく言われている「ノートに夢を書く」というところに繋がります。

 

RASを変えるためには、要はRASに「これは重要な情報だ」と教えればいいわけです。

つまり、

  • 夢や目標の明確な言語化
  • 視覚化して、常に意識できる状態・仕組み

 

この2つが非常に重要となります。

 

そのための手段として、ノート・手帳に夢や目標を書くというのは、かなり優れた方法なのです。

ノートに書くことで言語化と視覚化ができますし、ノートを鞄に入れておけば、いつでもサッと見返すことができます。

 

  • 写真を撮って、スマホのロック画面にする
  • パソコンの壁紙にする
  • ルーズリーフに大きく書いて、トイレのドアに貼っておく

 

なども有効です。

 

プロのスポーツ選手などは、「天井に目標を書いた紙を貼っている」という話はよく聞きますよね。

あれも同じ理屈です。

反論

とは言え、「やりたいことが分からない…」という方も多いと思います。

やりたいことが分からないのは、新しい世界を知るための行動をしていないか、自己分析が不足しているからです。

 

その場合、本を読んだり、何か結果を出している人の話を聞きに行ったり、セミナーに参加したりなどの行動をしてみてください。

必ず、あなたの琴線に触れる何かがあるはずです。

 

自己分析不足については、転職サイトなどに色んな分析ツールがあるので、それを使ってみましょう。

また、昨日紹介した「メモの魔力」という本の最後には、1000の質問リストがあるのでそれを活用するのも手です。

行動ベースへの落とし込み

今すぐ、ノートや手帳に書き込みましょう!

 

「達成したい目標リスト」

「やりたいことリスト」

 

という題名をつけて、10個〜20個くらい書いてみてください!

 

ここで行動できないようでは、あなたの目標の達成は厳しいと思います。

プロのスポーツ選手でもやっていますからね。

僕たち凡人は、なおさらやらないといけませんよね。

 

ノートや手帳に書いたら、それを毎日見返します。

写真を撮って、スマホのロック画面やホーム画面にするのはオススメです。

この画面を閉じる前に、今すぐやりましょう!

 

ノートに書いたものを写真に撮って、僕のTwitterのDMまで送ってくれた方には、ここでは紹介しきれなかったことも含めて、「こうするともっといいよ」というアドバイスなどを致します。

気軽に相談してください。

まとめ

  • 脳を上手く騙せば、欲しい未来が手に入る
  • 無意識を利用して、自動的に情報を集めさせる
  • プロのスポーツ選手もやっている「目標の視覚化」には絶大な効果がある
〜お悩み相談受付中〜
  • 自分を変えたくて何か行動したい
  • 一人で生きる力をつけるためにビジネスを学びたい
  • 恋愛や対人コミュニケーションに悩んでいる

 

かがり
かがり
もしこんな悩みがあるなら、同じ悩みがあって悩んでいた僕がお話お聞きします

誰よりも失敗と挫折をしているので、お力になれるかもしれません。

とはいえ暇ではないので、「今を変えたい」という強い気持ちがある方だけでお願いします↓↓

友だち追加

TwitterのDMでも構いません。

アンケートに答えて頂けると、返信がスムーズです。