ビジネス

【書評】『ブチ抜く力』一つのことに魂を売れ!与沢翼

今回紹介する本は、こちら。

『ブチ抜く力』一つのことに魂を売れ!与沢翼

この本を3行で(概要)

・ひたすらストイックに、「もうこれ以上はやりたくない」と思えるまでやり抜くのが、唯一にして絶対の成功法則

・自分と向き合う時間を持つため、群れないことが成功する鍵

・短期的に爆発的な結果を出すには、無理をするのは当然のこと

この本で得られるスキル

凡人が成功するための秘訣を学ぶことができます。

こんな人にオススメ

・大きな成功をおさめたい

・会社に依存したくない

・与沢さんみたいになりたい

著者紹介

著者は、与沢翼さん(@tsubasa_yozawa

埼玉県出身。高校中退後、偏差値30から大検取得→早稲田社会科学部。

在学中にアパレル通販会社で企業、3年半で月商1億5000万円の会社に成長させるが、6年めに倒産。

 

2011年、手持ち資金10万円からネットビジネスに参入、半年で7億を稼ぐ。

2013年、山手線の電車広告をジャックし、「秒速1億円の男」として注目を浴びる。

2014年日本法人解散、シンガポールへ移住。2016年ドバイへ移住。

 

現在は投資家として、株式、FX、不動産、仮想通貨、保険、債権、信托、外貨などに分散投資。

世界各地に40戸の高級不動産を所有し、総資産70億円を無借金で形成されています。

この本の主張とその理由

主張

「突き抜けた結果が欲しければ、たった1つの結果や目標に向かって徹底的に考え抜き、他の全て犠牲にしろ」

主張の理由

あれもこれもと、色々なものに手を出してしまうと、どれも薄っぺらな結果しか手に入れることができない。

一つのことに徹底的に集中から、短い時間で上手になり、誰よりも突き抜ける事ができる。

具体例

具体的には、他の全てを捨てるということです(笑)

友達も、彼女も、趣味の時間も、全てを犠牲にして一つのことに集中しろと、著者は言っています。

 

与沢さんは、受験のときは彼女を切り、ケータイを解約し、友達とは8ヶ月間1度も遊ばなかったそうです。

これくらい本気なら、突き抜けることができます。

反論

「自分はそんなに頭も良くないし…」とか思いますよね、分かります(笑)

でも本書では、次のような記載があります。

私はこれまでにたくさんの成功者達を見てきましたが、頭の良さだけで成功には結びついていません。

数々のタイプの成功者がいる中でも、一番強いと思うのは「失敗を恐れず、タネを蒔き続けられる」タイプです。種を蒔かないと、人はどれだけ優れた資質を持っていたとしても、何も生む事はできないからです。

逆に言えば、資質や才能を気にする以前に、「種を蒔く事」を続けられた人しか成功者にはなれないのです。

与沢翼、『ブチ抜く力』、扶桑社、2019年、111頁より引用

結局は継続して行動できるかどうかのようです。

行動ベースへの落とし込み

ではさっそく、一つのこと以外を全て犠牲にしましょうか(笑)

もちろん、自分が懸けたいと思ったものを決めるのが先ですが。

 

僕はちなみに、先月彼女と別れて時間を増やしました。

あなたは何を捨てますか?

まとめ

  • ひたすらストイックに、「もうこれ以上はやりたくない」と思えるまでやり抜くのが、唯一にして絶対の成功法則
  • 自分と向き合う時間を持つため、群れないことが成功する鍵
  • 短期的に爆発的な結果を出すには、無理をするのは当然のこと

〜お悩み相談受付中〜
  • 自分を変えたくて何か行動したい
  • 一人で生きる力をつけるためにビジネスを学びたい
  • 恋愛や対人コミュニケーションに悩んでいる

 

かがり
かがり
もしこんな悩みがあるなら、同じ悩みがあって悩んでいた僕がお話お聞きします

誰よりも失敗と挫折をしているので、お力になれるかもしれません。

とはいえ暇ではないので、「今を変えたい」という強い気持ちがある方だけでお願いします↓↓

友だち追加

TwitterのDMでも構いません。

アンケートに答えて頂けると、返信がスムーズです。