アイテム

生活必需品のブルーオーシャン?若造でも老兵と対等に渡り合える品

「どうしても見逃しがちな場所」ってありますよね。

目が届きにくかったり、意識が向きにくいような、死角や盲点と言った場所です。

 

例えば、「部屋は完璧に掃除されているのに、蛍光灯の傘には埃がいっぱい!」だとか。

「クリーニングから戻ってきたスーツでビシッと決めよう!」と思ったら、ズボンにタグが付いたままだったとか。

 

同じように、生活必需品の中にもそういうものがあります。

オシャレなイケメン男性や、上等な衣服に身を包んだ50代の会社の重役などでも、見逃しがちなアイテムです。

 

それは……傘です。

 

この記事では、しっかりとした傘を持つ意味と、お勧めの傘について説明します。

ビニール傘を頻繁に使う方は、怒らないで読んでください(笑)

こんな人にオススメ

・ビニール傘を良く使う

・傘にはあまり意識を向けたことがない

ビニール傘で失うものは多い

とある物語

僕が営業の仕事をしていたときの話です。

ある日、僕は上司と新規の客先へ営業に行きました。

その日は朝から雨が降っていて、1日雨の予報でした。

 

上司は営業部の次長で、部長の次に偉い人です。実質ナンバー2です。

そんな上司と雨の中歩いていたんですが、上司はビニール傘だったんですよ。

僕はブランド物ってわけではないですが、3000円くらいの丈夫でしっかりとした傘です。

 

やがて客先へ着いて、挨拶をしたんですが、そのときのお客さんに雑談の中でこう言われたんですよ。

「最初、僕の方が偉く見えた」と。

上司はかたなしですよね。

「ビニール傘=チープ」の印象は拭えない

当たり前なんですけど、傘を使うのって雨の日だけですよね。

まあ日傘もありますが、まだまだ男性で日傘を使う人は少ないです。

 

そして雨の日って、当然ながら視界が悪いわけですよ。

そんな視界の悪い中だと、傘の存在感は強くなります。

 

男性がビジネスで使うスーツや鞄って、大抵は落ち着いた色ですよね。

黒色・灰色・茶色が大半で、明るくても紺色がせいぜいです。

せっかくブランド物のスーツや靴でも、雨の日は相当近くで見ないと目立ちません。

 

一方、傘は非常に目立ちます。

広げていれば大きいですし、差しているときは高いところにあるので、遠目でも分かります。

それがビニール傘となれば、なおさら目立つんですよね。

 

せっかく上等なスーツと鞄を持っていても、チープなビニール傘を差していては台無しです。

 

そして、ビニール傘の安っぽい存在感が大きすぎて、ブランド物のスーツを着ていても安っぽく見えてしまいます。

視界の悪い雨の日に、遠目から見て僕の方が偉く見えるのも、無理はないのです。

個人的に思う「ビニール傘の意外な欠点」

チープな印象があるビニール傘ですが、意外な欠点があります。

それは、「顔の表情が見えてしまう」ということです。

 

風が強い雨の日って、少し傘を傾けますよね。

ビジネスマンは片手に鞄を持っていることが多いので、当然もう一方の手で傘を持ちます。

そのとき、傘の持ち手に力を加えて、頑張って前に進んでいるときの「いかつい顔」が、ビニール越しに見えてしまうのです。

 

ただでさえ、チープなビニール傘を使っているのに、雨の中進んでいく苦悩とした表情。

僕はそういう表情をあまり見せたくないなと思います。

そして足元が濡れているスーツはブランド品。

 

そんな上司の姿を見て僕は、「もったいないなあ」という残念な気持ちになってしまいました。

営業で第一印象はかなり大事なのに…

しっかりとした傘を持つだけで保証される3つの人格

安いビニール傘ではない、丈夫でしっかりとした傘を持っているということは、言外に意味するものが少なくとも3つあります。

もしかしたら読んでいて、「大げさだ!」と思う人もいるかも知れません。

でも逆なんですよ。

 

仕事中にお客さんの前で、鼻をほじる人はいないんです。

誰も見ていないだろうという場所や、意識が向きにくい物事にこそ、その人の本質が現れます。

しっかりとした傘を持っている人は、次のような人だと思うわけです。

1. 未来に向けて準備できる人

雨が降るかどうかは、毎日の天気予報を見れば分かりますよね。

スマホのお天気アプリを見たり、インターネットで検索をすれば数秒で分かります。

つまり、ちゃんとした傘を持っているということは、その人は未来を予測して準備ができる人ということです。

 

例え、家から持ってきたビニール傘であったとしても、相手はそれを知るよしもありません。

「雨が降り出してきて急いでコンビニで傘を買った計画性の無い人」と思われても、仕方ないのです。

2. お金や物を大切にする人

一部の高級ビニール傘を除いて、コンビニなどで売っている大抵のビニール傘は粗末な作りです。

傘の骨の本数が少ないので、ちょっと強い風が吹けば骨が折れて、使い物にならなくなってしまいます。

また薄いビニールなので、少し建物の角に擦れてしまっただけでも、破けてしまうことがあります。

 

しかも高いですよね。こんなチープな物がコンビニで400円〜600円くらいします。

どう考えてもコストパフォーマンスが悪いですよね。

つまり、お金や物を大切にする人は、ビニール傘は使わないのです。

3. 身だしなみをちゃんとする人

ビニール傘ではない、しっかりとした良質な傘を使っている人は、「見た目が人に与える影響は大きい」ことを理解しています。

そのため、身だしなみなどに気をつけていて、「人を気持ち良い気分にさせる」ことができる人だと予測できます。

 

ビニール傘を使って人を気持ち良くさせられる人は、お天気キャスターの綺麗なお姉さんくらいです(笑)

選挙の演説をしている政治家や、お天気キャスターのお姉さんは、人から見られるのが前提なので、あえて顔が良く見えるように高級な透明の傘を使っているようです。

お勧めの傘

それでは、お勧めの傘を紹介します。

と思ったのですが、僕の使っている傘が無かったので、似た傘を紹介します。

僕の持っている傘と同じ、3000円くらいの傘です。

3000円出せば、十分に丈夫で質の良い傘が手に入ります。

僕は4年近く使っていますが、全然壊れていません。

 

また高級傘では、前原光栄商店というメーカーの評判が良いようです。

価格帯は万単位ですが、非常にオシャレで質の良い傘なので、僕もいつか使ってみたいと思っています。

これとかカッコ良いです(笑)

おまけ

もう一つ、良い傘を買うメリットが思い浮かんだので共有します。

それは、「雨の日が楽しみになる」ということです。

 

AppleのMacのパソコンを買って、スタバでドヤ顔してキーボード叩いてましたよね?

同じように、雨の日に良い傘を買えば、ドヤ顔で歩けると思いませんか?(笑)

自己満足ですが、気持ちが上がって姿勢が良くなる気がします(笑)

まとめ

  • 雨の日に傘の存在感は増す
  • 意識が向きにくい物事にこそ、その人の本質が現れる
  • 良い傘買ってドヤ顏しよう
Ankerのモバイルバッテリーが最強すぎる
コンセントで充電可能なAnkerのモバイルバッテリーが最強すぎるモバイルバッテリーは、スマホと同じくらい必須のアイテムになってきましたよね。 どんどんスマホに新しい機能や技術が搭載されて便利にな...
無料講座:7日間メルマガ動画セミナー

継続・モチベーション維持悩んでいる方向けに、

メルマガ動画セミナーを作りました!

 

詳細はこちらです。

メルマガの登録・解除はこちら↓

【7日間メルマガ動画セミナー】

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前
  • お名前、またはニックネームを入力してください

 





最初のメールは、登録後すぐに届きます!

届いていない場合は、”迷惑メール”に振り分けられている可能性が高いので、迷惑メールフォルダをチェックしてみてください。

振り分けられてしまった場合の解除方法は、こちらです。