心理

会えば会うほど好きになる?ザイオンス効果を利用して仲良くなろう!

ザイオンス効果」ってご存知ですか?

簡単に言えば、人は「会う回数」や「知る回数」が多ければ多いほど、その対象に好感を抱くという、心理学の用語です。

 

企業がCMをテレビに流すのも、この効果を狙っています。

何回も耳で聞いて、目で見るうちに、あなたの中で認知度が上がっていきます。

すると、新しい商品への警戒心がなくなり、自然と良い印象を持つようになります。

 

これって、コミュニケーションや恋愛にも応用できると思いませんか?

 

そこでこの記事では、ザイオンス効果の3つの利用法を紹介します。

 

「誰かに好きになってもらいたい」

「何かを好きになりたい」

 

と思っているあなたは、読んでみてください。

こんな人にオススメ

・自分のことを好きになってもらいたい人がいる

・好きになりたいものがある

ロバート・B・ザイアンスの実験

アメリカの心理学者、ロバート・ザイアンスが、次のような実験を行いました。

実験内容

「特に意味のない単語」と「漢字のような象形文字」を見せる。

見せる回数は1回~25回のランダムで、それぞれの単語や文字に対する好感度は、「回数によってどのように変化するか」を調査しました。

 

漢字のような象形文字は、こんなのです↓

実験に使った象形文字

-ROBERT B. ZAJONC、『ATTITUDINAL EFFECTS OF MERE EXPOSURE』、P16より抜粋、URL

実験結果

見せる回数が多いほど、好感度が上がる傾向にあった!

この実験から、たとえ意味がまったく分からないことに対しても、「接触回数が上がるだけで印象が良くなる」ことが分かりました。

 

そしてその対象は、音・絵・図形・匂いなどでも、効果が表れることが分かっています。

意味が分からなくても好きになるなんて、なんだか面白いですよね(笑)

ザイオンス効果の3つの利用法

では、このザイオンス効果は、どのように活用できるでしょうか?

次の3つに分けてみました。

  1. コミュニケーションで活用
  2. 恋愛で活用
  3. 好きになりたいと思うものに活用

 

それぞれ説明します。

1. コミュニケーションで活用

友達、仕事仲間、上司、先輩などとのコミュニケーションで活用ができます。

会っている「時間の長さ」よりも、「会う回数」を意識して接してみましょう。

あなたの好感度が自然と上がっていくはずです。

 

例えば、「仕事仲間と仲良くしたい!」という場合。

毎週金曜日に居酒屋で3時間一緒に飲むよりも、週に3回、30分のランチの方が良いということです。

2. 恋愛で活用

恋愛でも、「接触回数」を意識して行動してみましょう。

例えば、同じバイト先だったら、シフトをなるべく合わせてみる。

一度に長いラインをするのではなく、一言でいいから頻度を多くしてみる。

 

要は、マメな人がモテるということですね(笑)

ただし、これには注意点もあるのですが、それは後述します。

3. 好きになりたいと思うものに活用

例えば、新しい仕事をすることになった。

例えば、大学で新しい勉強にチャレンジする。

こんなことってありますよね。

 

何か新しいことを始めるときって、「その対象の中で自分の好きな部分」を見つけると、受け入れやすくなります。

楽しい部分を見つけたりですね。

 

もしそういうところが見つからない場合、けっこう精神的にきついと思うんです。

だから、まずはその対象を好きになるために、接触回数を増やしてみるというのは1つの手だなと思います。

 

その業界の新聞や雑誌を買ってみたり、メルマガに登録してみたり。

勉強なら、それを楽しく紹介しているユーチューバーのチャンネルを登録してみる。

本を買ってリビングに置いておく。

 

こんな感じで、接触回数を増やすだけでも、印象は良くなるはずです。

ザイオンス効果の注意点

いろんなことに応用できそうなザイオンス効果ですが、注意点があります。

実は……

ザイオンス効果で良い影響があるのは、対象との関係が「フラット」か「好印象」の場合だけなんです。

 

つまりですね…

印象が良くないのに接触頻度を増やすと、逆に悪い印象が強くなってしまうことが分かっています。

なかなか恐ろしいですよね。

 

だから、第一印象ってとても大事なんです。

あなたの相手に対する印象が悪いと、逆効果になってしまいます。

そうなってしまった場合は、あなた自身が何かしらの変化をして、相手への印象を変えなければなりません。

 

そして、もう一つの注意点があります。

それは、ザイオンス効果が使えるのは、10回までということです。

10回以上は、そんなに変わらないようです。

 

好きな相手と恋愛をしたいのなら、少なくとも最初の10回までに、恋愛対象としての意識をさせる必要がありそうですね。

まとめ

  • 時間の長さよりも回数が多い方が、人は好感を抱く
  • 最初から印象が悪いものに対しては逆効果
  • ザイオンス効果は10回以上は効果が薄くなる
女性との会話で意識すべき3つのこと
女性との会話の基本スタンスとは?この3つだけは意識しておこう!女性と話をするとき、特に何も考えず話していませんか? 僕も最初は、女性と話すときに「何を話せばいいんだ...?」と悩んでいて、全然...
20歳からのつみき講座
モテる服装はたったの3種類?20歳からのつみき講座「服を買いに行く服がない」なんて言いますけど、実際デートのときにどんな服を着ればいいのか、良く分かりませんよね。 でも実は...
〜お悩み相談受付中〜
  • 自分を変えたくて何か行動したい
  • 一人で生きる力をつけるためにビジネスを学びたい
  • 恋愛や対人コミュニケーションに悩んでいる

 

かがり
かがり
もしこんな悩みがあるなら、同じ悩みがあって悩んでいた僕がお話お聞きします

誰よりも失敗と挫折をしているので、お力になれるかもしれません。

とはいえ暇ではないので、「今を変えたい」という強い気持ちがある方だけでお願いします↓↓

友だち追加

TwitterのDMでも構いません。

アンケートに答えて頂けると、返信がスムーズです。